« 那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.1 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 放下屠刀,立即成佛 的 山巔 | トップページ | 那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.3 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 井川鶴子さん(中野良子)、多治見要蔵(山崎努)による凌辱の小屋 »

2017年2月26日 (日)

那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.2 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 放下屠刀,立即成佛 的 山巔 2

00256_drz400s_19

<前回よりのつづき>
 ひきつづき ”八つ墓村” 、明地峠 近辺を探索などいたしました。

00257_drz400s_19


00258_drz400s_19


00259_drz400s_19


00260_drz400s_19


00261_drz400s_19


00262_drz400s_19


00263_drz400s_19


00264_drz400s_19


00265_drz400s_19


00266_drz400s_19

 

1970年代の作品である 「八つ墓村」 撮影当時では、400年前の光景といってそのまま通じるような藁葺き屋根の農家などが残っていたようですが、40年たってしまうとさすがにそのような建築物は残ってはおりません。
 つらつら慮りますに 昭和のいつ頃までかは、平安時代も鎌倉時代もその他もろもろ時代とも、さほど風景も人の生活も変わりはなかったものが、突然ロケットエンジンに点火したかのような猛烈な加速度で変化していったのではないでしょうか?
 おかげさまで私の如き 夏炉冬扇(かろとうせん) 、朽木糞牆(きゅうぼくふんしょう) の ボンクラ の権化といっていい無為徒食のオトコでも単車になど打ち跨がり股旅などいたすことができるのですが、何時か報いを受ける日もあることでございましょう。

« 那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.1 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 放下屠刀,立即成佛 的 山巔 | トップページ | 那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.3 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 井川鶴子さん(中野良子)、多治見要蔵(山崎努)による凌辱の小屋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/64945166

この記事へのトラックバック一覧です: 那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.2 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 放下屠刀,立即成佛 的 山巔 2:

« 那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.1 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 放下屠刀,立即成佛 的 山巔 | トップページ | 那些年,我們一起追的八つ墓村(あの頃、八つ墓村を追いかけた) 4.3 〜 たいやよ、あれが 八つ墓村 の灯だ。 井川鶴子さん(中野良子)、多治見要蔵(山崎努)による凌辱の小屋 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28