« 福知山市動物園の ウサギ ・ もくたん ちゃん、きょうのおともだち | トップページ | 福知山市動物園の アライグマ ・ 中国語版 死語の世界〜白眉大哥 の 大哥大 とは? »

2017年2月17日 (金)

福知山市動物園の シロテテナガザル ・ ももた(桃太郎) さん、サルの意の漢語的表現”猿猴(えんこう)”の本来の意味とは? 4 坊主よ、屏風に上手に ももた の絵を描け。

シロテテナガザル ・ ももた

 福知山市動物園シロテテナガザル ・ ももた(桃太郎) さんです。

シロテテナガザル ・ ももた


シロテテナガザル ・ ももた


シロテテナガザル ・ ももた


シロテテナガザル ・ ももた


シロテテナガザル ・ ももた

 ”猿” ならびに ”猿猴” とはもともとは、ももた(桃太郎)さんたち テナガザル のことをさす言葉でした。
 禅画 の一ジャンルであるところの ”猿猴図” で、木にぶら下がって水面に映った月をとろうとしているのは テナガザル です。
 中国語では
(ほぅ、みたいな発音)” ならびに 猴子(ほぅづ、みたいな)” と呼ばれる、ニホンザルタイワンザルアカゲザル みたいな日本人が サル と聞いて即座に思い浮かべるタイプの サル は、実は骨格が四足歩行の動物に近いため、木登りはできても木にぶら下がるのはかなり苦手なはずです。

 李白早発白帝城 で、長江を下る舟の中で聞いたと言う ”猿の声” というのも、千年ほど前には黄河以北にまでいた記録があると言う テナガザルの啼き声のことです。
 が、 ”歌う” と形容されることのある テナガザル の啼き声ですが、それをするのは オトナの雌だけですので、ももた(桃太郎)さんは啼きません。

朝 辞 白 帝 彩 雲 間

千 里 江 陵 一 日 還

両 岸 猿 声 啼 不 住

軽 舟 已 過 万 重 山
   

 この両岸で テナガザル が啼きやまなかったというのが、長江でかつて 三峡クルーズ の観光船が往来したあたりらしいのですが、今は 三峡ダム の底に沈んでしまったことが、ジャ・ジャンクー(賈 樟柯)監督の「長江哀歌」という映画で描かれておりました。
 ちなみに、
ユン・ピョウ(元 彪) さんと サモ ハン キンポー(洪 金寶) さんが主演なさった「雑家小子」の日本版タイトルが「モンキーフィスト 猿拳」ですが、あれは孫悟空の道教における神格化・斎天大聖の動きをトレースしたものなので、本当は「猿拳」ではなく「猴拳」でなければならないはずだとこのように考えております。
 

« 福知山市動物園の ウサギ ・ もくたん ちゃん、きょうのおともだち | トップページ | 福知山市動物園の アライグマ ・ 中国語版 死語の世界〜白眉大哥 の 大哥大 とは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 福知山市動物園の ウサギ ・ もくたん ちゃん、きょうのおともだち | トップページ | 福知山市動物園の アライグマ ・ 中国語版 死語の世界〜白眉大哥 の 大哥大 とは? »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28