« 銀輪部隊 | トップページ | 犬のさんぽ、日暮れ坂 36 夏は夕暮れ、いぬのころはさらなり。夕日のさして しっぽの細くたなびきたる。 »

2017年1月19日 (木)

福知山市動物園の シロテテナガザル ・ ももた(桃太郎) さん、サルの意の漢語的表現”猿猴(えんこう)”の本来の意味とは? 2 坊主よ、屏風に上手に ももた の絵を描け。

福知山市動物園の シロテテナガザル ももた(桃太郎)

 福知山市動物園シロテテナガザル ももた(桃太郎) さん。
ちゃんとよく知っているわけではないのですが、仏門におけます仏画におきまして
猿猴図” というジャンルがあります。
 ここでもう何度も申し上げておりますとおり、サルの意の漢語的表現として用いられる
猿猴とは、本来は ももた(桃太郎) さんたち、テナガザル をさす言葉でございました。

福知山市動物園の シロテテナガザル ももた(桃太郎)


福知山市動物園の シロテテナガザル ももた(桃太郎)

 オランウータン とともに アジア系 類人猿テナガザル は熱帯雨林におきまして樹上生活を営んでおりますそうで、生涯におきまして樹上より降りない個体も珍しくないのだそうです。
 千年ほど前にはこの テナガザル の仲間が黄河以北でまで見られたそうで、これを 猿猴 と呼びました。

猿猴図

 猿猴図。申年だった去年(2016年)、うちが檀家となっております御寺院の住職が下さった物です。
 恐らくは ニンゲンの欲望、妄念・妄執といったような物を、かわいらしい 猿猴の姿に仮託してカリカチュアといたし、衆生の無明を啓蒙するというような意匠をもって描かれておるのではないでしょうか?
 描かれておりますところのこの姿は正しく
テナガザル そのものでございます。

 ももた(桃太郎) よ、あまねくすべての一切衆生を悉く済度いたせ。

« 銀輪部隊 | トップページ | 犬のさんぽ、日暮れ坂 36 夏は夕暮れ、いぬのころはさらなり。夕日のさして しっぽの細くたなびきたる。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 銀輪部隊 | トップページ | 犬のさんぽ、日暮れ坂 36 夏は夕暮れ、いぬのころはさらなり。夕日のさして しっぽの細くたなびきたる。 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28