« 犬のさんぽ、日暮れ坂 31 蒼い時 ・ なんという南回帰線 | トップページ | 犬のさんぽ、日暮れ坂 32 花だ!紅い花だ! by シンデンのマサジ »

2016年11月 8日 (火)

犬のさんぽ、夜明けのスキャット 4 花だ!紅い花だ!by シンデンのマサジ

0177_shibainu_8

 花だ!紅い花だ! by シンデンのマサジつげ義春さんの「紅い花」の中のセリフです。

0177_shibainu_9


0178_shibainu_9


柴犬


柴犬


0181_shibainu_9


0182_shibainu_9


柴犬


0184_shibainu_9


0185_shibainu_9


0186_shibainu_9


0187_shibainu_9


0188_shibainu_9


0189_shibainu_9


柴犬


柴犬


0192_shibainu_9


 藤原新也さんの著作の中でこんな話があったと思います。
ちょっと記憶が曖昧なのですが、東欧の旧社会主義国家を
藤原新也さんが旅された時に現地の人が言っておられたこととして、社会主義(共産主義?)から自由主義国家となって確かに収入は増えたけれど、以前は日に2回、犬の散歩に行けたのに今は1回しか行く時間が無くなってしまった(回数は曖昧です)。
 
藤原新也さんは、豊かさの尺度を犬の散歩で計る価値観もあるということに感銘を受けた、というようなことを仰っていたように記憶しております。

 
つげ義春さんは、水木しげるさんの弟子にあたる方なのでしょうか?
水木しげるさんが著書の中で、つげ義春さんはあまりお金はないようだけれど、ものすごい”時間金持ち”で、いつも時間を作ってはどこかしらに旅に出ている、というようなことを書いておられました。

« 犬のさんぽ、日暮れ坂 31 蒼い時 ・ なんという南回帰線 | トップページ | 犬のさんぽ、日暮れ坂 32 花だ!紅い花だ! by シンデンのマサジ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/64462216

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のさんぽ、夜明けのスキャット 4 花だ!紅い花だ!by シンデンのマサジ:

« 犬のさんぽ、日暮れ坂 31 蒼い時 ・ なんという南回帰線 | トップページ | 犬のさんぽ、日暮れ坂 32 花だ!紅い花だ! by シンデンのマサジ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28