« 祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響もて サル山に響き渡れ。 | トップページ | コガネムシ と アライグマ 〜 コガネムシよ、金蔵の梁を高く上げよ 白眉大哥(ばいめいだ〜ご〜) 第二章 »

2016年11月18日 (金)

犬のさんぽ、日暮れ坂 33 夏は夕暮れ、犬のころはさらなり。

夏の夕方

 夕陽、特に夏の夕陽はよいものですなぁ・・・しみじみ。

夏の夕方


夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方



夏の夕方


 夏の写真が未だ整理出来ておりませぬていたらくです。
つらつら慮るに、今年はつくづくトラブルの多い一年でした。
 今年悶着特別多 です。
 これは
香港映画フルーツ・チャン(陳 果)監督の「花火降る夏」 の原題「去年煙花特別多」の駄洒落なんですけど、よほどコアな映画ファンでない限りわからないのと、そもそもわかったところで面白くもないですね・・・不調。
ちなみに中国語ではいざこざのことを
悶着 という言い方はしない様です。

« 祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響もて サル山に響き渡れ。 | トップページ | コガネムシ と アライグマ 〜 コガネムシよ、金蔵の梁を高く上げよ 白眉大哥(ばいめいだ〜ご〜) 第二章 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/64511209

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のさんぽ、日暮れ坂 33 夏は夕暮れ、犬のころはさらなり。:

« 祇園精舎の鐘の声。諸行無常の響もて サル山に響き渡れ。 | トップページ | コガネムシ と アライグマ 〜 コガネムシよ、金蔵の梁を高く上げよ 白眉大哥(ばいめいだ〜ご〜) 第二章 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28