« しっぽのある奴はだいたい友達 〜 ニホンカナヘビ さん | トップページ | 蛍 ・ 納屋を焼く ・ その他の短編 »

2016年7月 8日 (金)

犬のさんぽ、日暮れ坂 XI 風の中でひらく花 枯れる花 ♪ 〜 ほんとうは怖い”株”のはなし II

柴犬のさんぽ

 ネット上にも数えるほどしか情報が無いのですが、丹波地方には”株”という血縁と姻戚関係に依る相互扶助組織があります。
 私などは”株”の者ではないので実態はほとんどわかりませんが、たとえば同じ名字の家ばかりある地域内に於いて葬儀など出た時に、「あそこは”株内(かぶうち)”やさかい、何がどうでも手伝わんちゅうわけにはいかんのぅ。」とか「あそこは同じ○○を名のっとっても”株”が違うし、格もずっと下の”株”じゃ。」というような言いようをするのだそうです。
 馳星周さんの小説の中に「中国人が第一に信用するのは血縁、次に地縁。どちらも無い人間を中国人は信用しない。」というような記述があったと思うのですが、丹波地方の”株”とはきわめて中国的な価値基準、行動規範のような気がいたします。

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

柴犬のさんぽ

 当家にて養育いたしておるところの柴犬さんの おさんぽコースに、ちょっとした”街なみ保存地域”に指定されていてもおかしくないような一角がございまして、私もわりと近年まで知らなかったことなのですが、近隣在郷に於きましてきわめて富と権力で栄華を誇りまするところの”株内”の住まいなさるところなのだそうです。
 

« しっぽのある奴はだいたい友達 〜 ニホンカナヘビ さん | トップページ | 蛍 ・ 納屋を焼く ・ その他の短編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/63887382

この記事へのトラックバック一覧です: 犬のさんぽ、日暮れ坂 XI 風の中でひらく花 枯れる花 ♪ 〜 ほんとうは怖い”株”のはなし II:

« しっぽのある奴はだいたい友達 〜 ニホンカナヘビ さん | トップページ | 蛍 ・ 納屋を焼く ・ その他の短編 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28