« もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 IV ・ 岡山県真庭市 神庭の滝 〜 神庭の滝観光センターさま | トップページ | 福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ I ”黒松” 爆誕 »

2016年5月 9日 (月)

もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 VI ・ 遠い道のり(最遙遠的距離) ・ うちに帰って柴犬に「ただいま」というまでがツーリングです。

dr-z400s

 前回よりのつづきです。
 バイク関連の 2ちゃんねる まとめサイト など見ておりますと、本スレ ・ ※欄 双方に必ず「オフ車は100kmも走ったら尻が死ぬ」みたいな書き込みをする軟弱者がおりますが、この日は 通称”黄色い三角木馬” DR-Z400S で、15時間・620kmを走りました。
 しかしこれは 鬼平犯科帳 ふうにいいますと、”急ぎ働き”あるいは”畜生働き”のたぐいであり、いささか性急にすぎるきらいがあります。

dr-z400s

 極力主要幹線などは使わず、舗装林道や県道を継いで帰路につきます。
”サンカ”と呼ばれた山の民は、街道などには一切出ること無しに人知れず日本国中を往来することができたそうです。
 ただし、サンカを一般に知らしめた 三角寛氏の サンカ研究 には相当の疑問点があり、信憑性に乏しいことが指摘されております。

dr-z400s

 日暮れて道遠し。まだ鳥取県内です。
 スズキのオフ車は、DR-Z400S の前に乗っていた RMX250S (SJ13) もそうでしたが、ヘッドライトが暗い上に配光が真ん中の一点のみスポットで広がらず、夜間走行は憂鬱そのものです。
 陸上自衛隊のオートバイを使う偵察部隊の方々は、夜間斥候を想定してすべての灯火を消した上で夜間に林間走行などされるそうで、その 技倆・体術 には敬服仕るよりありません。

粉紅色兔子

 無事うちに辿り着き、柴犬に「ただいま」と申し上げます。
神庭の滝観光センターさまにて購入いたしました 桃色兎・・・と思っていたのですが、これはもしかしたらネズミでしょうか?
しっぽの糸を引っぱると、ネズミ的な動きで走りまわります。

 若干、知人のことを悪し様にいうことになりますが、ハーレーダビッドソンのバイクを新車で購入しながら、1,000kmも走らせずに半ば朽ちさせた人を知っております。
 そのくせに社内報の自己紹介に「私の愛車 Harley & Davidson 883 iron です ♥ 」などと、跨がったところを自撮りいたした写真など掲載し、実にしゃらくさいことこの上無しです。
 思うにそういう人は、単に自己を修飾する道具にバイクを使っているだけで、そうやって作り上げた虚飾の自己イメージに陶酔するタイプで、どちらかというと世間一般ではこういうヒトの方が多いかもしれません。

 単車乗り、もしくは心ある人はそのような虚飾やイメージの欺瞞などぼてくりこかして、現象ではなく本質を追わねばなりません、たとえそれが 滲み出る脳内麻薬物質の見せる幻覚であっても・・・と、斯くの如く感じ入った次第でございます。

« もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 IV ・ 岡山県真庭市 神庭の滝 〜 神庭の滝観光センターさま | トップページ | 福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ I ”黒松” 爆誕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/63604174

この記事へのトラックバック一覧です: もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 VI ・ 遠い道のり(最遙遠的距離) ・ うちに帰って柴犬に「ただいま」というまでがツーリングです。:

« もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 IV ・ 岡山県真庭市 神庭の滝 〜 神庭の滝観光センターさま | トップページ | 福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ I ”黒松” 爆誕 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28