« ひとりでできるもん 〜 HONDA XR650R ヘッドライトバルブの交換 | トップページ | 台湾映画 「海角七号 君想う、国境の南」 における、茂(ぼー)じいさんの謎バイク 推定 KYMCO KCR125/150 についてなど。 »

2016年5月18日 (水)

台湾映画 「海角七号 君想う、国境の南」 における、阿嘉(あが)さんの SUZUKI K90 についてなど。

海角七号 君想う、国境の南

「海角七号 君想う、国境の南(海角七號)」、2008年 台湾映画です。

 今は無い昔の住所、台湾恒春郡海角七番地 に届いた手紙は、1945年に日本の敗戦によって引き裂かれた恋人のどうのこうの・・・というような内容については聞き及んでおりましたので、文部省推薦映画のような作品なのかと思っておりましたが、まったく違っておりました。
 なにこれ?むちゃくちゃ面白い(小並感)。

海角七号 君想う、国境の南

 オトコ側主役の 阿嘉(あが)さん。演じておられるのは 范逸臣(ファン・イーチェン)さん。

海角七号 君想う、国境の南

 物語は 台北で夢破れた 阿嘉(あが)さんが、バイクで郷里の台湾最南端の町に帰るところから始まります。

海角七号 君想う、国境の南

 

阿嘉(あが)さんのバイク。
 SUZUKI K90 かと思われます。
空冷の2ストローク単気筒、ホンダ CD50/90 と並んで交番のおまわりさんがよく乗っておられました、日本では。

海角七号 君想う、国境の南

 台湾はたしか九州と似たような大きさだと聞き及んだことがあります。
ほぼ最北端の台北から、最南端の恒春まで90ccのバイクで走りきられます。

海角七号 君想う、国境の南

 台湾映画に「環島(ふぁんだお、みたいな発音)」というジャンルがあるそうです。
中国共産党の圧力か知りませんが「チャイニーズタイペイ」などというわけのわからない名前で呼ばれることのある台湾ですが、旅することで台湾とはどういうところなのかもう一度考えてみよう、というようなことらしいです。

海角七号 君想う、国境の南

 

阿嘉(あが)さん。
演じる范逸臣(ファン・イーチェン)さんは、台湾原住民 阿美(アミ)族の血を引いておられるそうです。

海角七号 君想う、国境の南

 2度ベルを鳴らすのかどうかは知りませんが、台湾の郵便配達の人は、緑色の制服に緑色のバイクなようです。
 阿嘉(あが)さんは自分の SUZUKI K90 を郵便配達用に、緑色のカバーをかけておられます。

海角七号 君想う、国境の南

 むぅ、イケメンな人は後ろ姿からもイケメンオーラが漂いますなぁ。
同じことを私がすると、「不審者が海を眺める事案が発生しました。」というようなことになりかねません。

 なんでもないようで、台湾原住民 阿美(アミ)族の血を引いておられる方を主役とし、日本製の SUZUKI K90 を愛用する設定は、やはり作品のテーマに沿って緻密に考えられてのことなのでしょう。
 阿嘉(あが)さんが SUZUKI K90 を磨いている時にお父さんが少し手伝いながら話をされる場面は、「フィールド オブ ドリームス」ケヴィン・コスナーがお父さんとキャッチボールをする場面、「プリンセス・トヨトミ」中井貴一お父さんと大阪城地下国会議事堂への地下道を歩く場面と並んで、私の中で三大父子交流場面となりました。

« ひとりでできるもん 〜 HONDA XR650R ヘッドライトバルブの交換 | トップページ | 台湾映画 「海角七号 君想う、国境の南」 における、茂(ぼー)じいさんの謎バイク 推定 KYMCO KCR125/150 についてなど。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/63650251

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾映画 「海角七号 君想う、国境の南」 における、阿嘉(あが)さんの SUZUKI K90 についてなど。:

« ひとりでできるもん 〜 HONDA XR650R ヘッドライトバルブの交換 | トップページ | 台湾映画 「海角七号 君想う、国境の南」 における、茂(ぼー)じいさんの謎バイク 推定 KYMCO KCR125/150 についてなど。 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28