« 犬のさんぽ、遠い道 〜 夕ぐれ番長 | トップページ | ニホンカナヘビ »

2016年5月26日 (木)

秋津州(あきつしま) 〜 嗚呼、幸福の蜻蛉よ何処へ、御前は何処へ飛んでゆく

Simg_iphone3065484_purius

 日本のことをむかしむかしには”秋津島”とか”秋津州”と呼んだそうですが、その”秋津”とは蜻蛉(とんぼ)のことなのだそうです。

Simg_iphone3065486_purius

 ひと昔前に 埼玉県桶川市 にすんでおりました頃、知り合いに姓ではなく名が ”あきつ” という女の子がおりました。
 ”あきつ”蜻蛉のことであるというのはその子から聞き及んだことですが、千葉県松戸市在住だったその子のところまでは、高崎線浦和駅乗り換えの武蔵野線経由をよく使ったものです。
 武蔵野線浦和駅から新松戸駅までの間に今は駅名を忘れてしまったのですが、上り線のホームと下り線のホームがどうでしょう?100mほども離れておったでしょうか?そしてその間にはただの更地があるのみ、という駅があったのを憶えております。
 後になって撤去された貨物操車場の跡だとか聴いたように思うのですが、今はさすがにあの広大な土地は日本国有鉄道清算事業団とかなんとかによって売却されたのではないでしょうか?
 あと、電車が駅に到着してドアが開くと醤油の匂いが濃厚に漂ってきた 野田駅 もこの武蔵野線だと思っていたのですが、キッコーマン醤油お膝元の正確には 野田市駅東武鉄道野田線なのだそうです。こちらは何しに乗ってたのか記憶がありません。

 むぅ、この蜻蛉(とんぼ)は逃げる気配が全く無かったのですが、千葉県松戸市”あきつ”ちゃんが助手席に乗っているような錯覚にとらわれ、目頭が若干熱くなり視界が朧となった中年おやじがこのときの私です。

« 犬のさんぽ、遠い道 〜 夕ぐれ番長 | トップページ | ニホンカナヘビ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/63687786

この記事へのトラックバック一覧です: 秋津州(あきつしま) 〜 嗚呼、幸福の蜻蛉よ何処へ、御前は何処へ飛んでゆく:

« 犬のさんぽ、遠い道 〜 夕ぐれ番長 | トップページ | ニホンカナヘビ »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28