« もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 VI ・ 遠い道のり(最遙遠的距離) ・ うちに帰って柴犬に「ただいま」というまでがツーリングです。 | トップページ | 福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ II ”黒松” 成長 »

2016年5月 9日 (月)

福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ I ”黒松” 爆誕

福知山市動物園のミニブタ

福知山市動物園のミニブタ ”黒松”さん。

 去年(2015年)6月の写真です。
この朝、ミニブタに赤ちゃんが生まれておりました。

福知山市動物園のミニブタ

福知山市動物園のミニブタ

 命名権の行使などいたしまして”黒松”と名付けました。
京都丹後鉄道(当時は北近畿タンゴ鉄道)に、”あかまつ”と”くろまつ”という列車があり、お客さんにそれですか?と聞かれたことがありますが少し違います。

 台湾映画 
「父の初七日(父後七日・2009年)」 の終盤近く、お葬式の終わった後で台北から来ていた大学生の青年が、黒い子犬を段ボール箱に詰め込んで列車を待っている場面がありました。
 「それ何?」と聞かれた青年の返答は、日本語字幕では「ぼくのペット犬。」と出ているのですが、中国語字幕では「
”黒松”、ぼくの犬。」というような内容になっていました。
が、どうしてもこの
”黒松”(中国語普通話では、へいそん、みたいな発音のはずなのですが)が聴き取れなかったのが引っかかっていたのですなぁ。
 
”黒松”はたしか、台湾の老舗 ・ 清涼飲料メーカー の商標でもあったはずです。



« もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 VI ・ 遠い道のり(最遙遠的距離) ・ うちに帰って柴犬に「ただいま」というまでがツーリングです。 | トップページ | 福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ II ”黒松” 成長 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/63604492

この記事へのトラックバック一覧です: 福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ I ”黒松” 爆誕:

« もだえ苦しむ脳内麻薬中毒者 地獄の味噌蔵 之 旅 VI ・ 遠い道のり(最遙遠的距離) ・ うちに帰って柴犬に「ただいま」というまでがツーリングです。 | トップページ | 福知山市動物園の ミニブタ 〜 黒松クロニクルズ II ”黒松” 成長 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28