« 福知山市動物園の シロテテナガザル ももた(桃太郎) の運転手 | トップページ | すくすくヤギの赤ちゃん 〜 立志編 »

2016年2月16日 (火)

福知山市動物園の シロテテナガザル ももた(桃太郎) @ 脳内映画スタント もしくは 香港映画「ポリスストーリー3(警察故事III 超級警察)」における Kawasaki KDX200SR についてなど (加筆訂正・写真増量)

Simg_iphone3064890_mor

 シロテテナガザルの ももた(桃太郎)くんが、動物園の軽トラで遊んでいたのですが、その光景は私の脳内におきまして、香港映画のアクションシーンとなっておりました。


 BGMに ジャッキー・チェン(成 龍)さん主演の 「ポリスストーリー 香港国際警察(警察故事)」の主題歌「英雄故事」をどうぞ。
 危機一髪!ワルいヒトの乗った車のルーフに飛び乗った 香港国際警察 ももた刑事!などと妄想を楽しんでおりました。

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

Simg_iphone3064888_mor

 かつて、撮っては公開 撮っては公開で粗製濫造の誹りを免れない香港映画の中には奇跡のように良くできた作品もいくつもあって、私個人は「Mr.Boo!(半斤八兩)」、「霊幻道士(殭屍先生)」、「チャイニーズゴーストストーリー(倩女幽魂)」などと並んで「ポリスストーリー3(警察故事 III 超級警察)」を挙げます。

 「ポリスストーリー3(警察故事III 超級警察)」は何よりも、ジャッキー・チェン(成 龍)のアクションを完全に喰ってしまった ミシェール・ヨー(楊 紫瓊さんのクラッシックバレエで鍛えたと言う身のこなしが素晴らしかったです。
 さらに偶然なのか計算どうりなのか話が進む過程で、雲行きが怪しく今にも降り出しそうな天気から、豪雨となった後に雨上がり、そして快晴となるところは空気の温度や湿度まで感じられるようで、ものすごく質のいいロードムービーを観ているようでした。

Simg_iphone3064901_mor

 ジャッキー・チェン(成 龍)若い! ミシェール・ヨー(楊 紫瓊)も!1992年作品です。
映画パンフレットの表紙ですが、私は埼玉県大宮市(当時)の映画館におきまして鑑賞いたしましたので、これを所有いたしております。
 大宮駅東口を出て、左に進むとエッチなお店やお風呂屋さんがいっぱい有りましたが、逆の右に進んだ方にあった映画館でしたが、今はもう無いことでしょうなぁ。 
 大宮市そのものも今は さいたま市 なのだそうですが、「人間失格」執筆のために 太宰治が潜伏したのが戦後間もない頃の 大宮市だったそうです。
 「埼玉か、何もかも皆懐かしい(by 沖田艦長?)」などとつぶやく、頻尿と軽い尿漏れの中年おやじが即ち私でございます。

Simg_iphone3064902_mor

 ジャッキー・チェン と ワルいヒトの乗った貨物列車にバイクで飛び移る ミシェール・ヨー(楊 紫瓊)さん。
 スタントの人がこのシーンで負傷してしまったために、バイクに乗ったことすら無かった ミシェール・ヨー さんが自らトライされたそうですが、エンディングのNG集で失敗して貨物列車の天蓋からバイクごと転落するところが2度映し出されておりました。
 ですが、この写真はスチールの撮影用にワイヤーで吊ったものかと思われます。見えます?ワイヤー。

Simg_iphone3064903_mor

 すこし拡大。バイクは Kawasaki KDX200SR 、フロントが倒立サスペンションとなった後期型ですね。
 漫画家の ワンダバダ長沢さんが”南国の鳥”と表現しておられましたが、90年代のオフロードバイクはむちゃくちゃ派手な色彩を纏っておりました。
 これは印刷用の製版にコンピューターが使われるようになり、これまで事実上不可能に近かったカラーのグラデーションを容易に使うことが出来るようになったことから、デザイナーさんがはじけちゃった結果であると推測いたします。
 オンロードバイクも含めて、スプラッシュやブラシペイントにグラデーションを組み合わせた意匠がよく使われておりましたなぁ。

Simg_iphone3064904_mor

 別のスチールを見るとバイクが KX125 の '90年型です。
劇中では確かに KDX200SR でしたが、どちらが良いか試行錯誤されてのことでしょうか?
 モトクロッサーの KX125 の方が車重は10kg以上軽いのではないかと思うのですが、エンデューロレーサーの公道仕様 KDX200SR の方がエンジンのパワーの出方がフラットで扱いやすかったのでしょう。
 ん?しかしよく見るとサイドスタンドを装備しているのと、フロントフォークアウターが青アルマイトなのが謎仕様ですなぁ。

 さて、話を シロテテナガザル の ももた(桃太郎)くんに戻しましょう。
 「ポリスストーリー3(警察故事III 超級警察)」はのちの「インファナル・アフェア(無間道)」なんかと同じ 臥底(うぉ〜でぃ、みたいな発音) と呼ばれる潜入捜査ものでもあります。
 香港国際警察刑事と中国公安エリートが麻薬ルート潰滅のために潜入するのが、ゴールデントライアングル・黄金の三角地帯と呼ばれる、中国雲南省南端にも近いタイ・ミャンマー・ラオス国境の交差する地域。麻薬の帝王的なヒトが私設軍隊のようなものまで使っておりました。
 実はこのゴールデントライアングル・黄金の三角地帯あたりが、シロテテナガザル生息地の北端となるようなのですね。
 まったくもって シロテテナガザル の皆さんには、このニンゲンどもの愚かしい行為は申し訳の無いことで、返す言葉も申し開きの言葉もございません。


NG集

福知山市動物園 ももた 桃太郎

 アクションのタイミングが合わずNGを出し、考え込む ももた(桃太郎)くん?

福知山市動物園 ももた 桃太郎

福知山市動物園 ももた 桃太郎

 あぁ、ももた(桃太郎)くん、動物園の軽トラで唯一の娯楽装備・AM/FMラジオのアンテナを引っこ抜いて遊ぶのは止めて下さい。
 私の好きな NHK第二放送の「お話でてこい」が聴けなくなってしまいます。

« 福知山市動物園の シロテテナガザル ももた(桃太郎) の運転手 | トップページ | すくすくヤギの赤ちゃん 〜 立志編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福知山市動物園の シロテテナガザル ももた(桃太郎) の運転手 | トップページ | すくすくヤギの赤ちゃん 〜 立志編 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28