« 福知山市動物園の ミニブタ兄弟 活躍する II | トップページ | 窓の外には奴がいる 〜 福知山市動物園のシロテテナガザル ももた »

2016年1月 7日 (木)

どうぶつ しごとはじめ

アメリカン ファジー ロップイヤーラビット の、”おはぎ兄弟、おチビきなこ

 アメリカン ファジー ロップイヤーラビット の"ちびうさ"さん。
だいぶ大きくなりましたが、人懐っこさはこの子が一番です。

アライグマ

 アライグマの "ラン太郎" さん、食事中。
”ラン太郎”さんに新年の挨拶などいたしましたが、普段とまったく変わらぬ様子でした。
 前の日、元旦に NHK の AMラジオで、一休宗純和尚の逸話を、声の出演・板尾創路さんでやっておるのを聴いておりましたが、”ラン太郎”さんからも「正月や 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし、御用心、御用心。」と諭されたようでした。

ミミナガヤギ

 私の飼育担当ではないのが残念です。
あまり耳が長く無いのですが、ミミナガヤギ さん、名前はまだ無いので勝手に "ねこやぎ”と呼んでおります。なんとはなしに柄が ネコっぽいので。

福知山市動物園

福知山市動物園

 インドクジャクの雄。
 去年の12月より、年配の飼育員に押し付けられ、「ぐぬぬ・・・」と唇を噛みながら世話しておりますが、やはり綺麗ですな。
 インドクジャク の隣にいらっしゃる 七面鳥の雄が、私に絡もうとしてきて意外と可愛いです。

福知山市動物園

 アメリカン ファジー ロップイヤーラビット の、”おはぎ兄弟、おチビきなこ”お食事中。

福知山市動物園

福知山市動物園

 アメリカン ファジー ロップイヤーラビット の ”オトナ きなこ"、木枯し紋次郎のように草をくわえておりました。

アライグマ

アライグマ

 アライグマ”黑道浣熊兄弟 金魔王”きんまおう さんです。
 金色に輝く体毛も陽射しが無いと精彩を欠くように見受けられます。
カナダから中米あたりが本来の生息地だそうですが、寒くなってきて活動が控えめになってきております。

« 福知山市動物園の ミニブタ兄弟 活躍する II | トップページ | 窓の外には奴がいる 〜 福知山市動物園のシロテテナガザル ももた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/63020129

この記事へのトラックバック一覧です: どうぶつ しごとはじめ:

« 福知山市動物園の ミニブタ兄弟 活躍する II | トップページ | 窓の外には奴がいる 〜 福知山市動物園のシロテテナガザル ももた »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28