« カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 4 丹海バス 経ヶ岬 乗合自動車停留所 | トップページ | カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 6 丹後半島のニホンザルについてなど »

2015年11月15日 (日)

カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 5 丹海バス 蒲入 乗合自動車停留所

単車放浪記

 

 前回の 経ヶ岬 停留所は丹後半島の西側、京丹後市(旧 竹野郡丹後町)側の最北端の折り返し停留所、今回の 蒲入 停留所は東側の与謝郡伊根町での折り返し停留所となるようです。

1

蒲入

2

蒲入

3

蒲入

4

蒲入

5

蒲入

 京都のおみやげ、八つ橋に”おたべ””聖””夕子”といった商品名があるのをご存知でしょうか?それぞれ 株式会社おたべ、聖護院八つ橋総本店、井筒八橋本舗というところの賞品なのだそうです。
 このうち”夕子”というのが水上勉さんの「五番町夕霧楼」のヒロインの名であることをご存知でしょうか?映画では1963年版で佐久間良子さん、1980年版で松坂慶子さんが演じておられます。
 「五番町夕霧楼」は三島由紀夫「金閣寺」と同じく、金閣寺に放火した若いお坊さんのお話ですが、「五番町」のヒロイン・夕子の郷里が「丹後の寒村・樽泊」です。
 「丹後の寒村・樽泊」を訪れてみたいと思い調べてみたところ、樽泊というのはどうも架空の地名らしく、かわりにだいたいこんなところなのかとあたりをつけてやってまいりましたのが、こちらの蒲入、蒲入は”かまいり”と読むようです。

 ”萌え”のバスは”丹後七姫”と呼ばれるお姫様を描いたものでしょう。
小野小町や細川ガラシャがいらっしゃるはずです。
 いい加減では申し訳ないのでちゃんと調べると、浦島太郎の乙姫さま、天の羽衣の天女さま、聖徳太子生母の間人皇后(たいざのこうごう)、細川ガラシャ、小野小町、山椒大夫の安寿姫、源義経の静御前、の七人だそうです。

 しかし、このような静かな集落に今回の筆頭オトモ・SUZUKI DR-Z400S のような大きな単車で来るのはえらくはた迷惑なことのように感じられ、若干肩身の狭い心持ちでございました。

« カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 4 丹海バス 経ヶ岬 乗合自動車停留所 | トップページ | カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 6 丹後半島のニホンザルについてなど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/62685239

この記事へのトラックバック一覧です: カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 5 丹海バス 蒲入 乗合自動車停留所:

« カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 4 丹海バス 経ヶ岬 乗合自動車停留所 | トップページ | カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 6 丹後半島のニホンザルについてなど »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28