« カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 1 | トップページ | カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 2 袖志の里における 太 保 さんについてなど »

2015年11月13日 (金)

カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 2 袖志の里

単車放浪記

 江戸時代、公儀隠密は”草”という里入り忍を諸国に忍ばせましたが、すべての”草”の郷里であると言う丹後半島北端の集落、袖志にやってまいりました。
 本気にされる方もいらっしゃるかもしれませんが、小池一夫 原作・小島剛夕 画 「子連れ狼」でのお話です。

1

袖志集落

2

丹海バス 袖志停留所

3

丹海バス 袖志停留所

4

丹海バス 袖志停留所

5

丹海バス 袖志停留所

6

Simg_iphone3064505_drz400s

7

Simg_iphone3064506_drz400s

8

Simg_iphone3064507_drz400s

9

Simg_iphone3064508_drz400s

10

丹海バス 袖志停留所

11

丹海バス 袖志停留所

12

下宇川小学校袖志分校

1
 袖志集落。
画面右端あたりに Xバンドレーダーを装備した米軍 経ヶ岬通信所が出来ました。
 私のような中年おやじでも死ぬのは恐ろしゅうございますが、かといって現実を直視せずにお花畑な妄言を声高に叫ぶ人々というのも実に醜悪なことよと感じております。
 撮影中に百里基地所属の大小取り混ぜ20台ほどだったでしょうか、の車両が通りかかりミサイル迎撃用のパトリオットだと思っていたのですが、調べてみるとパトリオットだと管制用や索敵レーダーの車両などでもっと大掛かりになるそうなので、通常の対空ミサイル車両だったのかもしれません。

2〜
 丹海バス 袖志 停留所。この日の筆頭オトモ、SUZUKI DR-Z400S と。

8
 ごらん あれが 経ヶ岬 北のはずれと。
ぼっちだったので、見知らぬ人が指を差したりはしませんでした。が、「津軽海峡冬景色」を作詞いたした 阿久 悠 という人の文才は凄いですね。”風の音が胸をゆする泣けとばかりに”ですよ。作曲の 三木 たかし さんも凄いですけど。

10・11
 丹海バス 袖志 停留所 横に、私の母上所有のと同型同色の HONDA DIO (AF62) が停まっており、京丹後市のご当地ナンバーがついておりました。

12
 下宇川小学校袖志分校。

Simg_iphone3064519_shibainu

 小池一夫 原作・小島剛夕 画 「子連れ狼」に描かれた 袖志集落。経ヶ岬が描かれております。
 このお話「袖志の女」の次の回に 拝 一刀・大五郎 親子は、私どもの住まいいたしておりますところの 福知山藩 へやってきております。

« カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 1 | トップページ | カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 2 袖志の里における 太 保 さんについてなど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/62671917

この記事へのトラックバック一覧です: カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 2 袖志の里:

« カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 1 | トップページ | カラビニエ 〜 It's a long road 之 旅 2 袖志の里における 太 保 さんについてなど »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28