« カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 5 ・ 日本國有鐵道 津山驛から東津山驛へ(JR 津山駅から東津山駅へ) | トップページ | カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 7 ・ 鏡野町 迷い道の毘沙門堂 »

2015年8月20日 (木)

カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 6 ・ 稲葉浩志さんの御実家、イナバ化粧品店さまに推参仕りましたことなど

イナバ化粧品店

 私の実につまらない与太話などに常々、菩薩の如き慈悲心を持ってつきあって下さったマエダアッちゃんやサクライさん。
 彼女らには一度ならず幾度も、B'zの稲葉浩志さんが如何に超絶イケメンであるか、という話をした記憶があります。
 360度どこから見ても中年おやじな私が高揚し手に汗握り、目の色を変え口角泡飛ばして「稲葉さんがイケメンなんは何も外見に限った事や無いんやで」などとさらにヒートアップしていく様は客観的にも、主観的に振り返ってみても相当にサイコパスな光景であったろうと汗顔の至りでございます。
 時は過ぎ去り、マエダアッちゃんもサクライさんも遠くへ行ってしまったなぁ、などと感慨にふけりつつ、永の間念願であった稲葉浩志さんの御実家、岡山県津山市のイナバ化粧品店さまへお邪魔してまいりました。
 
 
1
イナバ化粧品店
2
稲葉浩志 実家
3
稲葉浩志 実家
4
稲葉浩志 実家
5
稲葉浩志 実家
6
稲葉浩志 実家
1〜2
 東津山駅よりほど近い場所にありますイナバ化粧品店さま。
稲葉浩志さんが津山高等学校生徒時代、2階の窓際に机を並べて勉学に勤しみなさったのだろうか、などと妄想もはかどります。
 店頭にはB'zのポスターなどが資生堂化粧品ポスターよりたくさん貼られていて、実にB'z愛に溢れております。
3
 資生堂化粧品ポスターが多く貼られているのは、道を挟んだお向かいの家屋。
こちらはイナバ化粧品店さまが倉庫として使っておられるのでしょうか。
 その向こうに八幡神社の灯籠、鳥居が見えますが、こちらの石段に於きましてグミ・チョコレート・パイン遊びなどされる、ご幼少の稲葉浩志さんのお姿など妄想がはかどります。
 後になって知ったのですが、こちらには寄進者として稲葉浩志さんの名を彫った石柱があるそうです。
4
 郵便配達員の方もイケメンでしたなぁ。
東津山駅の待合室にいた中学生くらいの男子もイケメンやったし、津山駅で列車から降りて来たお嬢さん方はお綺麗な方が多いようにお見受けしました。
 津山市界隈、さりとてはのものにて侮り難しです。
5
 店内に於きまして 資生堂 綺麗のススメ つやつやぷるるんゼリー ライチ味 を2つ頂きまして昼食代わりといたしました。
 西原理恵子さんがかつて旦那の故・鴨志田穣さんに高価かったプラセンタエキス錠をおやつ代わりに全部食べられ、旦那の顔が無駄につやつやぷるるんしているのを見て余計に腹が立ったと言う話を思いだしました。
6
 お買い物をいたしますとメンバーズカードなど頂けます。
ロゴイラストは稲葉浩志さんのお母さんです。
 店内はうら若きお嬢さまばかりで、私の如き加齢臭絶賛増量中の中年おやじは場違いも甚だしいのですが、実は私は案外そういうのが平気だったりしますので心中に於きまして「見た目は中年おやじ、頭脳はお花畑」などと訳の分からない供述を繰り返しながら入店させていただきました。
 店内奥にB'zファンの方々のためのコーナーがあり、ご幼少時よりの稲葉浩志さんや、コンサートツアーでのスナップショットなどの写真アルバムを閲覧させていただけます。
 いろいろな展示品の中でとりわけ私の目を引いたのは「岡山県立津山高等学校生徒 稲葉浩志」とある木札です。
 店内撮影は自由ですが、twitterやFacebookには載せないでね、との貼り紙がありましたので写真は出せないのですが、ご本人の自筆によると思われる"稲葉浩志"が超絶達筆です。が、最後らへんでスペース的に少し苦しくなって、浩と志の間が少し詰まっているのがお茶目で、まったくもってどんだけ好感度上げるんや!と感嘆いたしました。
 で、何か記念になるものを・・・と思い至り店員さんに話しかけたところ、稲葉浩志さんのオリジナル、普段ご本人も愛用なさっているというコロンを勧めていただきました。
 いやぁ、私の如きオタク系ブサメンが超絶イケメン稲葉浩志さんオリジナルのコロンをつけているなどと口走れば、信用金庫窓口のお姉さんも行かないけどキャバクラのお姉さんもあまねくすべてのB'zファンの女性が「この顔でつけたんか!この顔で!」と激怒し、私のほっぺたを両手でぐいぐい引き伸す事でしょう。
 まぁ実のところはこの時の全所持金が稲葉浩志さんオリジナルコロン代金に及ばなかったのですが、今になってやはり何としてでも買っておけば良かったと先に立たぬ後悔などいたしております。
 店内には稲葉浩志さんのお母様もいらっしゃったのですが、こちらを訪れるB'zファンの、とりわけ中高生くらいのお若ぇお嬢さん方のお母さん的存在ともなっておられるようで、私がいた短い時間の中でも微笑ましかったり、少し目頭が熱くなるような場面も目にいたしました。
 それで明らかに異物混入な私にも声をかけていただき、店員のお嬢さんの撮影によりまして、私と稲葉浩志さんのお母上とのツーショット写真など撮影していただきました。
 人様をとらせていただいた写真は全てその方にも進呈するのが私のポリシーなのでこの時の写真も郵送にて送らせていただくのですが、御誕生より超絶イケメンの御子息・稲葉浩志さんを育てて来られたお母様の目には私などは人よりもむしろ珍獣・奇獣の類いに映ったのではなかろうかと、我ながら厚かましい事をいたしてしまったと汗顔の至りでございます。
 時に私はとりとめも無く、もしも自分が稲葉浩志さんの如き天賦の才にも恵まれた超絶イケメンに産まれていれば、その生涯たるや如何なものとなっていたであろうか?などと妄想する事があります。
 しかしつらつら慮るにもしも自分がそのように生を受けていれば、その成り行きとしてむちゃくちゃイヤなヒトと成り果てていたのではないかと思い至る次第でございます。
 香港映画「インファナルアフェア(無間道)」の中でアンディ・ラウ(劉 德華)が「俺は善人でいたい」と言っていたのが印象に残っているのですが、そのような思惑も無いまま自分の才を誇り周囲の人を見下すどうしようもなく始末におえない御し難く度し難い厄介なニンゲンとなるのが必至であろうと。
 そのように考えますと、抜きん出た容貌を持ち天賦の才を伸ばし成功を収めても、人の道の正道を往くことはやはり求道者の如き難き道である事であろうと忖度いたします。
 神仏はあまねくすべての人に生きる事の価値を模索する道を、それぞれ違った道を見いだす機会を平等にお与えになっているのかも知れぬのぅ・・・などと思い至ります。
 かしこみかしこみ阿弥陀仏(あ〜み〜とぅおふぉ〜)申す〜、です。

« カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 5 ・ 日本國有鐵道 津山驛から東津山驛へ(JR 津山駅から東津山駅へ) | トップページ | カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 7 ・ 鏡野町 迷い道の毘沙門堂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/62119819

この記事へのトラックバック一覧です: カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 6 ・ 稲葉浩志さんの御実家、イナバ化粧品店さまに推参仕りましたことなど:

« カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 5 ・ 日本國有鐵道 津山驛から東津山驛へ(JR 津山駅から東津山駅へ) | トップページ | カラビニエ 〜 最遙遠的距離 之 旅 ・ 7 ・ 鏡野町 迷い道の毘沙門堂 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28