« カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 10 ホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅にて放浪の画家・山下清さんと邂逅いたすこと | トップページ | カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 1 日本國有鐵道 若櫻線 隼驛(若桜鉄道 隼駅) »

2015年5月26日 (火)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 最終回

Simg_iphone2605_xr650r

 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅、最終回です。

Simg_iphone2606_xr650r

Simg_iphone2608_xr650r

 日本國有鐵道 因美線 美作河井驛(JR 因美線 美作河井駅)にて思わぬ足止めを食った私は、あまりやりたくない夜間走行を強いられました。
 メキシコの砂漠をぶっ飛ばして走る競技用や何かに造られたXR650Rは工場出荷状態ではヘッドライトがたったの35ワットでして、かつて日本海軍は夜戦が得意で日本海開戦に於いても、バルチック艦隊の大半は夜間に駆逐艦の雷撃によって葬ったとのことですが、視力が弱いことも相まって私は夜間は出歩くこともあまり好きではありません。
 ともあれ無事に帰って来れました。

« カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 10 ホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅にて放浪の画家・山下清さんと邂逅いたすこと | トップページ | カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 1 日本國有鐵道 若櫻線 隼驛(若桜鉄道 隼駅) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/61649650

この記事へのトラックバック一覧です: カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 最終回:

« カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 10 ホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅にて放浪の画家・山下清さんと邂逅いたすこと | トップページ | カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 1 日本國有鐵道 若櫻線 隼驛(若桜鉄道 隼駅) »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28