« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 5 阿波の里

Simg_iphone2643_xr650r

 (前回よりのつづき)
 何回か前の投稿で、私などはニンゲンモドキかレプリカントのようなものなのではないか、と記述しております。
 レプリカントはその時に説明しておりますとおり映画「ブレードランナー」に出てきた人造人間です。
 そしてニンゲンモドキというのは特撮「マグマ大使」に出てきた、仮面ライダーのショッカーでいう戦闘員のようなヒトたちです。
 マグマ大使に出てきた怪獣はほとんどまったく記憶に残っていないのですが、本来雑魚キャラであるこのニンゲンモドキのインパクトは強烈で、全身黒タイツ着用なだけなのですが、やられるとぶくぶくと気色の悪い泡になって消えて行きました。
 つらつら慮りますにこのニンゲンモドキとは、単に人間とは違う別個の種であるとか人間よりも劣る種であるとかそういうことではなく、藤原新也さんは「メメントモリ」の中で「ちょっとそこのあなた、顔が無いですよ」と表現されていましたが、自分の思考や価値観、行動原理をもたない、そのようなことは考えてことも無いような人々に対しての制作者の強烈な揶揄を込められてのネーミングだったのではなかったのであろうか、などと思い至ります。
 「超人バロム1」の敵戦闘員アントマン(蟻人間)もまったく同じメタファーの構造でありましょうか。

 日曜朝のイケメン俳優にかわい子ちゃんの出てくる最近の仮面ライダーになどまったく興味はありませんが、藤岡弘版仮面ライダーに於きましてショッカーというのは即ち、近年は同調圧力などとうまく表現される、いわばそれは本当にあなた自身の思考なのか?価値観なのか?行動原理なのか?と問いただしたくなる集団原理であり、本来その一員となるはずであったが脱出し、裏切り者は許さないと次々と送り出される怪人と戦った藤岡弘仮面ライダーもまた、地獄の餓鬼亡者の群れよりいちはやく蜘蛛の糸を辿るが如き菩薩行の行者であったのではないか?などと妄想いたします。

 悪の組織ショッカーが同調圧力の集団原理のメタファー(比喩)であった!とかわりとマジに考えている私は客観的にみてヒドい被害妄想のような気がしますが大丈夫なのでしょうか?

続きを読む "カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 5 阿波の里" »

カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 4 日本國有鐵道 因美線 美作加茂驛(JR 因美線 美作加茂駅)

Simg_iphone2634_xr650r

 (前回よりのつづき)
 前回、妖怪あすなろ小僧さんのことに触れたおりに、「妖怪あすなろ小僧というヒト」という表現をいたしましたので、もしかしたら中にはヒトじゃないじゃん!とつっこまれたかたがいらっしゃるかもしれません。
 駄菓子菓子、自分がヒトではないことを自覚しそれでもなおかつヒトでありたいと願ったあすなろ小僧は、私を含め無意識無自覚に生きるヒトよりも人らしいのではないか?
その行為はあたかも地獄の餓鬼亡者の中でいちはやく一本の蜘蛛の糸に気付き懸命に登らんとしたようなものであり、それこそがこの世に生きることの意味なのではないかなどと支離滅裂な思考などいたしております。

 「妖怪人間ベム」におきましてもその姿形、存在そのものの異質さから人間から疎外され続けた妖怪人間は、それでもなおかつ人間に憧れ早く人間になりたいと、最後まで人間のために人間に害をなす妖怪変化悪霊怨霊の類いと戦い続け、どれほど罵詈雑言を浴びせられ、時には暴力にまで訴え排斥されようと、人間に対しては人としての筋を通し続けたように記憶しております。
 今になって妖怪人間たちの歩いた道筋は、あたかも菩薩行のようなものではなかったかなどと思い至ります。
 嗚呼、やはり脳内に於きまして菅原文太さんの声色で「人間とはいったい何なんだろうねぇ」という文言が繰り返し再生されます。

続きを読む "カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 4 日本國有鐵道 因美線 美作加茂驛(JR 因美線 美作加茂駅)" »

2015年5月30日 (土)

カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 3 日本國有鐵道 因美線 高野驛(JR 因美線 高野駅)

Simg_iphone2625_xr650r

 (前回よりのつづき)
 ドロロンえん魔くんというテレビアニメは、主人公やお目付役の帽子のヒト、超ミニスカート状態の雪女のヒトや妖怪を地獄に送り返すための車(籠だったか)を背負ったドクロのヒトですとか、出てくるキャラクターの造形が非常に秀逸でありました。
 中でも妖怪あすなろ小僧というヒトが出てきた回はその話まで含めて強烈に印象に残っております。
 読んだことは無いのですが知ったかぶりをいたしますが元ネタは井上靖さんの「あすなろ物語」でしょうか。
 妖怪あすなろ小僧は人間にあこがれて、人間になりたいと願い人間の世界(アニメでは小学校でした)に溶け込むのですが、いわば違法滞在の妖怪たちを地獄に送り返すのがお仕事の主人公たちとの戦いになります。
 戦いの渦中であすなろ小僧は人間の姿形から本来の妖怪の姿に戻ってしまうのですが、その姿をみて小学校で仲良くなっていた子供たちが泣き出してしまい、その様をみた妖怪あすなろ小僧は失意と落胆のうちに地獄に帰ることを承諾した、とだいたいこういう話だったと記憶しております。
 今になって嗚呼、あすなろ小僧とは私のことではないか、私こそがあすなろ小僧なのではないかと思い至ります。
 地獄に還った妖怪あすなろ小僧にとって、一度は疎外されたもののそれでもいつか人間になりたいと思う気持ち、一縷の望みがいわば蜘蛛の糸のようなものなのでしょうか。
 嗚呼、気付いているかいないかの違いだけで、あまねくすべてのヒトは妖怪あすなろ小僧のようなものなのかもしれません。

続きを読む "カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 3 日本國有鐵道 因美線 高野驛(JR 因美線 高野駅)" »

2015年5月29日 (金)

カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 2 鳥取県八頭郡智頭町 板井原集落

Simg_iphone2614_xr650r

 (前回よりのつづき)
 もしかしたら私だけにとどまらず、あまねくすべての人は人間でありたいと願うレプリカントのようなものなのでしょうか。
 「早く人間になりたい」の台詞が有名な「妖怪人間ベム」も比喩の構造としてまったく同じであり、あまねくすべての人はベム・ベラ・ベロなのかもしれませんが、ちょっと意地悪い言い方をしますと、こういうことをただの絵空ごととしかとらえられず、物事を考えるきっかけとすることができない人も多いように見受けます。

それは、いつ生まれたのか誰も知らない。
暗い音のない世界で、ひとつの細胞が分かれて増えていき、
3つの生き物が生まれた。
彼らはもちろん人間ではない。また、動物でもない。
だが、その醜い身体の中には正義の血が隠されているのだ。
その生き物…。
それは、人間になれなかった《妖怪人間》である。

 「妖怪人間ベム」のオープニングのナレーションですが、今になって聞いてみますと
「その生き物・・・それは、人間になれなかった妖怪人間である」
というところがあたかも胸に突き刺さるかのようです。
 人間になれなかった・・・人間になりたい・・・

 脳内において菅原文太さんの声で「あんたはさっきから人間ニンゲンと言っている、だがしかし人間とはいったい何なんだろうねえ」と再生されます。
 人間とは本当に一体何なのでありましょうか。

続きを読む "カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 2 鳥取県八頭郡智頭町 板井原集落" »

カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 1 日本國有鐵道 若櫻線 隼驛(若桜鉄道 隼駅)

Simg_iphone2609_xr650r

 以前に、今際の際に「俺は君たち人間が信じられないようなものを見てきた。(中略)そんな記憶も時がくればやがて消え行く。雨の中の涙のように。死ぬ時がきた。」とかほざいてみたくて旅に出る、みたいな事を書きました。
 映画「ブレードランナー」の中でルトガー・ハウアーが演じた人造人間の台詞です。
 ハリソン・フォードが主演した「ブレードランナー」は当時、今でいう「意識高い系」みたいなヒトがよく騙ったりしていて、そういうのがあまり好きではなかったのですが、幾星霜をへて今になって嗚呼、あのレプリカントこそが人であり、私などはただのレプリカント、ニンゲンモドキなのではないか、などと思い至ります。

 仏陀とは「目覚めた人」の意味であり、菩薩とは仏陀の境地に至るため修行中の人なのだそうですが、ありきたりな表現ですが何処から来て何処へ行くのか、自分とは一体何であるのかを問い続けたルトガー・ハウアー演じたレプリカントこそが菩薩であり、無自覚無意識に無駄飯を喰らい惰眠を貪り無為徒食の日々を送る私などはさながら、蜘蛛の糸にも気付かず地の底に蠢く亡者の一人に過ぎないのではないかと。

 ルトガー・ハウアー演じるレプリカントのこの台詞はほとんどアドリブだったそうですが、「そんな記憶も時がくればやがて消えて行く。雨の中の涙のように」、やがてすべては無に帰すとしても、今は覚悟して旅に出るのがこの世での務めでもあるのでしょうか。

続きを読む "カラビニエ 〜 レプリカント、あるいはあすなろ小僧 之 旅 1 日本國有鐵道 若櫻線 隼驛(若桜鉄道 隼駅)" »

2015年5月26日 (火)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 最終回

Simg_iphone2605_xr650r

 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅、最終回です。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 最終回" »

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 10 ホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅にて放浪の画家・山下清さんと邂逅いたすこと

Simg_iphone2597_xr650r

 

前回も訪れましてその佇まいにホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅と勝手に呼ばせていただいております、日本國有鐵道 因美線 美作河井驛(JR 因美線 美作河井駅)を再度訪問させていただきました。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 10 ホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅にて放浪の画家・山下清さんと邂逅いたすこと" »

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 9 とらや山本商店さま

Simg_iphone2582_xr650r

 佇まいの素敵な とらや 山本商店さま 電話 呼 150番 にて、缶詰の珈琲飲料などいただきました。
 場所を忘れてしまいましたが、戸賀バス停はす向かいです。

 

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 9 とらや山本商店さま" »

2015年5月25日 (月)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 7 戦慄の岡山県某所

Simg_iphone2578_xr650r

 ここのところ岡山県の北部地方を走りまわっておりますが、思うところなどございまして意識的に近づかないように避けていた場所があります。
 横溝正史原作「八つ墓村」の元ネタとなった実際にあった事件、津山事件の現場です。
 興味本位の物見遊山で訪れることだけは決していたすまい、と心に決めておりましたが心ならずも思わぬ形で事件と接近遭遇してしまうこととなりました。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 7 戦慄の岡山県某所" »

2015年5月24日 (日)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 7 倉見温泉

Simg_iphone2568_xr650r

 現在は津山市に併合されておりますが苫田郡英田町上山、倉見温泉です。
 私は知らないのですが、「白い犬とワルツを」という映画の撮影に使われたそうですが、実は加茂小学校倉見分校跡でお会いした黒木ダム管理の方より、すでにここは閉館してしまっていることを聴いておりました。
 

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 7 倉見温泉" »

2015年5月23日 (土)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 6 倉見神社

Simg_iphone2562_xr650r

 岡山県津山市加茂町倉見、村社・倉見神社さまへ。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 6 倉見神社" »

2015年5月19日 (火)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 5 加茂小学校倉見分校

Simg_iphone2543_xr650r

 岡山県津山市加茂町倉見、すこし前までは苫田郡加茂町倉見の加茂小学校倉見分校跡です。
 閉校は1977年だそうで、これは松竹映画「八つ墓村」公開の年ではないですか。
 犯罪史に詳しいとか、判る人には判る奇妙な暗合巡り合わせ。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 5 加茂小学校倉見分校" »

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 2 日本國有鐵道 因美線 美作滝尾驛(JR 因美線 美作滝尾駅)そば・酒類たばこ販売 あめや商店

Simg_iphone2542_xr650r

 日本國有鐵道 因美線 美作滝尾驛(JR 因美線 美作滝尾駅)そばの、酒類・たばこ販売 あめや商店さま店頭の電気式無人清涼飲料水販売機械など利用いたし、缶詰の珈琲飲料など頂きました。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 2 日本國有鐵道 因美線 美作滝尾驛(JR 因美線 美作滝尾駅)そば・酒類たばこ販売 あめや商店" »

2015年5月18日 (月)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 2 日本國有鐵道 因美線 美作滝尾驛(JR 因美線 美作滝尾駅)

Simg_iphone2517_xr650r

 日本國有鐵道 因美線 美作滝尾驛(JR 因美線 美作滝尾駅)です。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 2 日本國有鐵道 因美線 美作滝尾驛(JR 因美線 美作滝尾駅)" »

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 2 日本國有鐵道 因美線 三浦驛(JR 因美線 三浦駅)

Simg_iphone2508_xr650r

 日本國有鐵道 因美線 三浦驛(JR 因美線 三浦駅)です。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅 2 日本國有鐵道 因美線 三浦驛(JR 因美線 三浦駅)" »

2015年5月14日 (木)

カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅

Simg_iphone2506_xr650r

 まぁ毎度毎度旅に出るごとにもっともらしい理由動機づけなど騙ってはおりますが、本当は自分でも薄々感づいてはおったのです。
 どこにも居場所が無い故に逃れるように生活の場から離れ、遊びほうけた振りをしつつも内実は空虚、一切皆空でありますことを。
 これがお若ぇ衆でもあれば「捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった」などと言の葉種にでもいたせばそれなりに体裁も整うのですが、これが私のような風采もうだつも上がらぬ中年おやじとあっては致すすべもありませぬのでございます。

続きを読む "カラビニエ 〜 捨て猫みたいな俺達に帰る場所なんてどこにも無かった 之 旅" »

2015年5月13日 (水)

カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 最終回 丹波國某所

Simg_iphone2498_drz400s

 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅、最終回です。

続きを読む "カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 最終回 丹波國某所" »

カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 4 朝来市生野町 奥竹野原 乗合自動車停留所

Simg_iphone2494_drz400s

 朝来市生野町 奥竹野原 乗合自動車停留所です。
ここ数年、開花のタイミングを計っていたのですが今年も数日遅かったようです。

続きを読む "カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 4 朝来市生野町 奥竹野原 乗合自動車停留所" »

2015年5月12日 (火)

カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 3 朝来市生野町白口 生白稲荷大明神

Simg_iphone2475_drz400s

 この日の筆頭オトモ、SUZUKI DR-Z400S になど打ち跨がり、丹波市柏原町で女子会昼餐など頂いた後に多可郡多可町、神崎郡神河町をへて、朝来市生野町へと参りました。
 生野町白口集落に鎮座まします、生白稲荷大明神さまです。
生白稲荷は「せいはくいなり」だそうで、非常に珍しい呼称ではないかと思うのですが、生野町白口で生白、とそういうことなのでしょうか。

続きを読む "カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 3 朝来市生野町白口 生白稲荷大明神" »

カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 2 神崎郡神河町 越知川沿い

Simg_iphone2464_drz400s

 多可郡多可町より高坂峠を越え、神崎郡神河町側へ降りてまいりました。
地蔵堂で合掌などいたします。

続きを読む "カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 2 神崎郡神河町 越知川沿い" »

2015年5月 7日 (木)

カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 1 高坂峠旧道

Simg_iphone2452_xr650r

 この日の筆頭オトモは SUZUKI DR-Z400S です。
丹波市の柏原で女子会ランチの後で、わりと近場での道行きでございます。

続きを読む "カラビニエ 〜 兵庫県のまん中らへんの謎っぷりは異常 之 旅 1 高坂峠旧道" »

2015年5月 6日 (水)

カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 最終章 兵庫県某所

Simg_iphone2442_xr650r

 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 もようやくに最終回でございます。
これはすべて4月16日の道行きに於きまして撮影いたしましたもので、顧みませば1日でよくぞこれだけの写真を撮影したものだと思います。
 しかしながらこれはいくらなんでも撮りすぎ、走りすぎかと・・・鬼平犯科帳風に言いますれば急ぎ働き、畜生働きの部類ではないかと反省する事しきりです。
 今後はもう少しひとつところに腰を据えて、自分の来し方・行く末などつらつら慮るなどいたしながら急がぬ旅をいたしたいと思います。

続きを読む "カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 最終章 兵庫県某所" »

2015年5月 4日 (月)

カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 15 兵庫県宍粟市波賀町道谷・蘭若寺

Simg_iphone2434_xr650r

 兵庫県宍粟市波賀町道谷。
廃寺の様ですが詳細は一切不明です。
 「蘭若寺」は香港映画「チャイニーズ ゴースト ストーリー(倩女幽魂)」に出たきた、幽霊の住み着いたお寺の名前です。
 雰囲気が似ているので勝手にこちらを蘭若寺呼ばわりしておりますが、個人的に「チャイニーズ ゴースト ストーリー(倩女幽魂)」は、香港映画で奇跡のようによくできた娯楽映画だと考えております。

続きを読む "カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 15 兵庫県宍粟市波賀町道谷・蘭若寺" »

カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 14 日本國有鐵道 若櫻線 (若桜鉄道)

Simg_iphone2417_xr650r

 智頭よりさらにひとつ峠越えをいたして八頭町に戻ってまいりました。
このあたりは八頭郡智頭町智頭というようなアタマだらけのところがあったり、八頭郡八頭町とか8とアタマが拮抗しているところがあったりして楽しいです。

続きを読む "カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 14 日本國有鐵道 若櫻線 (若桜鉄道)" »

カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 13 智頭町立富沢小学校

Simg_iphone2426_xr650r

 鳥取県八頭郡智頭町新見、智頭町立富沢小学校です。
ふたたび物見峠を越えて鳥取県側に戻ってまいりました。

続きを読む "カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 13 智頭町立富沢小学校" »

2015年5月 3日 (日)

カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 12 岡山県津山市加茂町物見

Simg_iphone2419_xr650r

 岡山県津山市加茂町物見。
 目に鮮やかな花の色が望見されたので立ち寄らせていただきました。

続きを読む "カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 12 岡山県津山市加茂町物見" »

カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 11 ホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅 日本國有鐵道 因美線 美作河井驛

Simg_iphone2404_xr650r

   散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 第9回。
日本國有鐵道 因美線 美作河井驛(JR 因美線 美作河井駅)です。

続きを読む "カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 11 ホウ シャオシェン(侯 孝賢)の駅 日本國有鐵道 因美線 美作河井驛" »

2015年5月 2日 (土)

カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 10 岡山県津山市加茂町某所

Simg_iphone2401_xr650r

 あ・・・写真下に八頭郡智頭町市瀬板井原と書いてありますが、全然違います。
津山市智頭町の知和か美作河井の駅の近くですがよく憶えておりません。

続きを読む "カラビニエ 〜 散る桜 残る桜も 散る桜 之 旅 10 岡山県津山市加茂町某所" »

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28