« カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第三回 | トップページ | カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第五回 »

2015年4月 2日 (木)

カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第四回

Simg_iphone2243_xr650r

 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第四回です。

1

xr650r

2

xr650r

3

日本國有鐵道 山陰本線 高屋川橋梁

4

日本國有鐵道 山陰本線 下山驛

 たぶん知っている人はあまり多くない場所かと思われます。
こちらでは丹波山中にいながらにして、四国八十八ヶ所廻りをいたすことができます。
この斜向い少し離れたところには水子地蔵堂がありまして、はじめて訪れた時にはそのまま時代劇の撮影に使えそうな佇まいに心が打ち震えました。
 が、しかし近年この間を裂くように国道27号線のバイパスが通り、さらに近くでダム工事も始まり、未舗装だった道もアスファルトで塗り固められて、私は少し悲しいです。

 日本國有鐵道 山陰本線 高屋川橋梁を走るのは381系電車です。
昔はこのへんを昼間走っている特急は「あさしお」だけだったのですが、いまはよく知らないです。
 単車がカーブを曲がる際により高い速度を維持するために、搭乗員が車体の傾きよりも内側に身体を入れるリーンインというポジションがあるのですが、381系電車は振子式とか呼ばれる機構を備えておりまして、それと同様にコーナリングの際に車体を内側に大きく傾けることができるのだそうです。
 実は一度中学生の時に381系の特急「しなの」に乗ったことがあるのですが、大阪〜名古屋間だけだったので、本領を発揮する山間部では無かったのです。
 単車乗りとしては一度、性能をフルに発揮出来る条件で乗ってみたいものです。

 その後、最寄りの日本國有鐵道 山陰本線 下山驛におきまして、缶詰の珈琲飲料などいただきました。

« カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第三回 | トップページ | カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第五回 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/61377477

この記事へのトラックバック一覧です: カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第四回:

« カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第三回 | トップページ | カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 其の第五回 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28