« 春来にけらし 八つ墓の | トップページ | カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 »

2015年3月24日 (火)

犬神家の一族に春がくりゃ イェ イェ イェ イェイ イェイ イェ イェ イェ イェイ

Simg_iphone2225_shibainu

 前回は当家で養育いたしておりますところの柴犬と「八つ墓村(1977年・松竹)」など鑑賞いたしました。
 自分捜し?真実を求めて?道行きなさるは勝手なれど、時に人は旅の途上において挫折に蹉跌、のっぴきならない事態に身動きもままならぬ仕儀と相成る事もあるのでございます。
 主人公の寺田辰弥が八つ墓村の地中に広がる洞窟より出る事ができなくなったのは象徴的であり、「あげな穴ぽこ、銭になどなりゃあせん」という小梅・小竹婆さんの科白は世間での身過ぎ世過ぎの一面の真実を言い表してもおるのか、などと黙考いたしました。

 その「八つ墓村」のラストシーンで金田一耕助と事件解決を依頼した弁護士との間で、もしかしたら主人公の寺田辰弥は被害者であると同時に本人も全く知らないうちに犯人と共謀して、400年前の落ち武者の怨念をはらす役割を果たしていたのかも知れない、というような内容の会話がなされます。
 今回はそのへんのところを念頭に置きつつ1976年角川映画版「犬神家の一族」など鑑賞いたしたいと思います。

Simg_iphone2226_shibainu

 嗚呼、犬神家の一族。
 犬神家の一族は登場人物皆が被害者でありながら加害者、加害者でありながら被害者であるのでしょうか。
島田陽子さん演じるところのヒロイン野々宮珠世さんは幾度も貞操並びに生命をも危険に晒されるのですが、他の人間にとっては犬神佐兵衛の遺言状によって理不尽に優遇されていることで、本人の意思や行動とは関わりのないところでまったくあずかり知らぬままに加害者となっているのかもしれません。
 すべての元凶となった犬神佐兵衛翁にしてからも周囲の多くの人を不幸にした加害者ではあるものの、お若ぇ頃には深く心に傷を負った被害者でもあると描かれております。

 被害者にして加害者、加害者にして被害者、これは生きとし生けるものすべてにあてはまる真理であるやも知れません。
 私ども凡夫はとかく自分は被害者であると思いがちになるかもしれませんが、自分の意識しないところでまったく知らぬ間に他の人に対して加害者となっておることもあるやも知れぬ、そのことに気付くことが地獄におりてきた蜘蛛の糸が如く智慧の光と申すものかもしれませんなぁ。

Simg_iphone2227_shibainu

 和服姿の大変お美しい島田陽子さん。
171㎝の長身です。途中で陽子さんの字が楊子さんだったかに変わったような気がするのですがよく覚えておりません。

Simg_iphone2228_shibainu

 故人でいらっしゃるのが哀しいですが、当時は丸ぽちゃでとても可愛らしい坂口良子さん。
 金田一耕助が投宿する旅館の女中さん役ですが、旅館のご主人役を横溝正史さんが演じておられます。

« 春来にけらし 八つ墓の | トップページ | カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/61332809

この記事へのトラックバック一覧です: 犬神家の一族に春がくりゃ イェ イェ イェ イェイ イェイ イェ イェ イェ イェイ:

« 春来にけらし 八つ墓の | トップページ | カラビニエ 〜 丹波ちょこっとくるっとひと廻り単車旅 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28