« 天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり | トップページ | 天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり ・ かくれさと苦界行 »

2013年11月 4日 (月)

天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり はやぶさ駅怪文書事件

若桜鉄道 隼駅

 鈴木式織機製作所の高性能自動二輪車"隼"にお乗りになる方々が全国津々浦々より集いになられる催し物が年に一度、旧 日本國有鐵道 若櫻線 隼驛 (現 若桜鉄道 隼駅)にて行われます。
 私は"隼"のような高性能單車は所有してはおりませんが、"隼"乗り以外の人が紛れ込んでも石もて追われるようなことはなさらない、極めて家庭的友好的な催し物であることを聞き及んでかねてよりひとつ混ぜていただきたい、とこのように考えておったのですが、日頃の行いのせいでもありましょうか?
 蜂に刺された去年に引き続き、今年は單車 XR650R に燃料漏れのトラブルがありはたせておりません。
 せめてものよすがにと祭りの終わった後の隼駅に行って参りました。

若桜鉄道 隼駅

若桜鉄道 隼駅

若桜鉄道 隼駅

若桜鉄道 隼駅

若桜鉄道 隼駅

若桜鉄道 隼駅

 こちらで催されます"隼まつり"の折には、神無月に全国津々浦々八百万の神々が出雲に蝟集されますが如くに、日本中から"隼"の姿が消えると申されておりますが、わずか一週間の後にはこちらの日常へと戻っております。

 これは私の住まいいたします地域において起りました花火大会の事故の2日後なのですが、この後に私のところでは地蔵盆や盆踊り、神社の祭礼など悉く自粛による中止となりました。
 私が"隼まつり"に来れなかったのもそれはそれで何らかの意味があってのことであったのやも知れぬなぁ、などと考えております。

« 天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり | トップページ | 天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり ・ かくれさと苦界行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97257/58515987

この記事へのトラックバック一覧です: 天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり はやぶさ駅怪文書事件:

« 天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり | トップページ | 天有不测风云,人有旦夕祸福 〜 天に不測の風雲あり、人に旦夕の禍福あり ・ かくれさと苦界行 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28