« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

日本ハンザキ研究所紀行

Img_iphone1329_xr650r

 前から気になっていたところです。
 日本ハンザキ研究所の看板があります。
 ハンザキはサンショウウオのことで、体を半分に裂いても生きているほど生命力が強いとかなんとかからこう呼ばれるのだ、というようなことを白土三平さんの著作で知ったのだったでしょうか?

続きを読む "日本ハンザキ研究所紀行" »

2013年6月26日 (水)

ひとりでできるもん〜XR650R・いろいろ

Img_iphone1325_xr650r

 XR650R「メキシコの砂漠を走る單車ですから。」「動物のお医者さん」のチョビ(シベリアンハスキー)が「シベリアでソリを曳く犬ですから」と言っていたのの真似です。

 走ってばかりでは損傷が大きくなる一方なので、たまには整備などいたします。

続きを読む "ひとりでできるもん〜XR650R・いろいろ" »

2013年6月24日 (月)

あっ、紅い花だ!

Img_iphone1318_xr650r

 シンデンのマサジのセリフです。「あっ、紅い花だ!」
中学生の頃にNHKでつげ義春「紅い花」のドラマ化されたのを見た記憶が微かにあります。
 その後に原作も読んだんですけど、「がんばれがんばれチヨジ!」のコバヤシチヨジが出てくる作品と記憶の中で混同しちゃってます。「もっきり屋の少女」か?がんばれチヨジは。

続きを読む "あっ、紅い花だ!" »

2013年6月20日 (木)

车到山前必有路(車到山前必有路)

Img_iphone1312_dio

 兵庫県丹波市青垣町東芦田。
個人的には合併前の氷上郡の字面の方が好きでした。
 この日からカメラを変えて、SONY DSC-RX1 というのを使っております。カメラグランプリ2013受賞なのだそうです。あんま興味ないですけど。

続きを読む "车到山前必有路(車到山前必有路)" »

2013年6月17日 (月)

石油懺悔 II

Img_iphone1311_xr650r

 1941年(昭和16年)、日米開戦前の大本営陸軍部戦争指導班「機密戦争日誌」に「一日の待機は一滴の油を消費す、一日の待機は一滴の血を多からしむ」とあるのだそうです。

 航空機用の燃料と現在の市販のガソリンを同列に語れるのかどうか知らないのですが、先の大戦で日本の戦闘機や爆撃機が使用したガソリンがオクタン価91くらいだったそうです。
 おそらくは精製の技術が今とは月とスッポンで、当時とは比較にならないくらい良質のガソリンを私などは遊びに使っているのではないでしょうか。
 上京する機会などありましたらやはりここは九段の神社で懺悔せねばならない事でありましょう。

2013年6月15日 (土)

石油懺悔

Img_iphone1310_xr650r

 昨今の日本國におきましても殊にお若ぇ衆の労働環境など悪化の一途を辿っておる由、聞き及んでおりますが、私もまたワーキングプアの底辺労働者であります。
 駄菓子菓子、世界的に見れば化石燃料を遊びに使えるというのは、ほんの一握りのとんだボンボン育ち野郎と言って間違い無いのではないでしょうか?
 中国語に花花公子(ふわふわごんづ、みたいな発音)っていうのがあって、これはボンボンとかドラ息子の意味ですな。プレイボーイのニュアンスの方が強いのかも知れませんがそちらは私には無縁でございます。
しかし、MacOS標準の日本語変換で「花花」と入力したら勝手に「花*花」に変換されるのはいらないお世話ですね。

 つらつらおもんぱかるに世界では私などが遊びで使っている化石燃料の為に扮装や戦争が起こる事も珍しい事ではなく、言ってみれば私などはたまたま生まれた場所に恵まれた故に強者の側に立って享楽をほしいままにし、一方で世界では踏みつけにされたも同然に命すら軽んぜられる立場にある人々も多数おられるのでございましょう。
 この日本國におきましても少し時を遡りますと、先の大戦に踏み切らざるを得なかった大きな理由として石油その他の資源の確保ということがあり、言ってみればすべての戦没者の方に対して私などは罪を負っているのでありましょう。
 單車に乗る時にはゆめゆめこの事をココロに銘するべきでありましょう。

2013年6月11日 (火)

HONDA XR650R に使用するガソリンならびに燃費についてなど

Img_iphone1295_xr650r

 あれ?オーナーズマニュアルのどっかで「オクタン価91以上の」っていう文言を見たような気がしたのですが見つけられないです。気のせいだったか?でも私はレギュラーの方を入れています。日本で販売されているレギュラーガソリンはまぁ世界中でも高品質なはずなので。
 それよりも注意しているのはガソリンの安さで客寄せをしているようなスタンドです。
バイク屋さんから聞いた話ですが、原付スクーターなんかで普通に使われているのに、エンジン内でバルブの開閉に支障が出るほどカーボンがたまってしまう、っていうトラブルが近年増えてきて、最初は原因が分からなかったらしいのですが、安売り店の中には韓国あたりで精製された粗悪なガソリンを売っているところもあって、どうもそのへんが原因らしいとのことでした。

 私のXR650Rの燃費は今のところ、制限速度+10km/hの巡航をひたすら続けて20km/ℓ、普通に使って15〜18km/ℓくらいです。2次減速比がDKやED仕様標準のF14:R48(3.428)のままなので、もすこしロングにふってもいいかなと思っています。

2013年6月 6日 (木)

ひとりでできるもん〜XR650Rはじめてのオイル交換

Img_iphone1300_xr650r

 XR650Rのオイル交換をひとりでやってみようと思いまして、似たような構成の発動機を搭載しているKTM指定のMOTOREX POWER SYNTを購入いたしました。
 高性能と聞き及んでおりますところのA.S.H.製潤滑油とか使ってみたいのですが、いいお値段がついていて洗うが如き赤貧の私には手が出せません。

続きを読む "ひとりでできるもん〜XR650Rはじめてのオイル交換" »

2013年6月 5日 (水)

グーフィーは何だ?

 みんなが良いとか好きとか言う物に対して、おのずと嫌悪感を抱いてしまうようなところが自分にはあって、もうこれは自分でも慢性の厨2病をこじらせたみたいなものだと半ばあきらめております。
 たとえていうとベストセラーの本とかジブリアニメとかですね。魔女の宅急便とか平成狸合戦ぽんぽことかの頃までは好きだったのですが・・・ジブリにつきましては。

 全国にあったやる気があんのか無いのかはたまた空回りしてるのかの素敵ないなたい遊園地を絨毯爆撃の如く駆逐してしまった、というのはいささか逆恨みかも知れませんが、みんな大好き東京ディズニーランドに対してもこのような理由から反感を抱きアンチの立場をとっております。
 駄菓子菓子、

Img_iphone1299_shibainu

 ディズニーランドに行った姪っ子がグーフィー買ってきてくれました。

 妹の家族がディズニーランドに行く事になって、姪っ子に

 「ミッキーはねずみ、ドナルドはあひる、プルートはいぬ、じゃあグーフィーは何だ?」
 「犬だろ?」
 「犬は車を運転しないぞ。」

 っていう「スタンド バイ ミー」の中で少年たちが話していたセリフをたわけふざけて姪っ子に教えていたら、その話を憶えていた姪っ子がおこづかいで買ってきてくれました。

 う〜む、今後姪っ子の前では口が裂けてもディズニーランドの悪口は言うまい。
 ディズニーキャラクターって、スペインとかポルトガルの軍隊に先立ってやってくる宣教師が如き、アメリカ主導のグローバリゼーションの先兵みたいなイメージを持っているのですが、これも厨2病的妄想でしょうか。

Img_iphone1242_shibainu

 姪っ子と柴犬こう太さん。

2013年6月 4日 (火)

メンヘラさんが通る〜第5回 発動の「技師の親指」作戦

 全然知らないのですが「進撃の巨人」という漫画が人気なのですか?どうして「巨人の進撃」じゃないのですか?倒置法?

 メンヘラさんからの迷惑メール攻撃、件数は減りましたがまだ続いておりまして、もうちょっとで一ヶ月続いた事になります。「これは一生続くんじゃない?」などと大変に不吉な事を仰る方もいらして、もう本当にいい加減にしていただきたいと、こちらといたしましてはそのように希望しております。

 シャーロック・ホームズものの短編で「技師の親指」と言う話があって、正確には憶えていないのですがこれは水力技師だったかの人が求人広告に応じて従事した仕事が、偽札作りだったか銀行の金庫への地下通路堀りだったか、なんかの犯罪の片棒を知らずに担がされていたとかそういうものだったと思います。
 で、この水力技師の人が結果的にただ働きになった上に事故で親指を失った事をぼやくと、シャーロック・ホームズが「失った物の代わりにあなたは経験を得たのです。この話をすればあなたはとても楽しい話し相手だとの評価を得るでしょう」とか言ったような話だったと思います。

 迷惑メール攻撃止めないなら誰彼かまわずこの事を面白可笑しく喋りまくってやる。
発動の「技師の親指」作戦なのであまりなめんなよ・・・と言いつつやっぱりちょっと怖い。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28