« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

撮り鉄にはなれそうもない 第二部〜第二回 夜久野町 下末 乗合自動車停留所

Img_iphone1269_shibainu

 雨雲に追われながら因幡國より但馬をへて丹波へ帰ってまいりましたが、いつもながら唐傘や蓑笠などの雨具は持ち合わせぬため、家に着いた頃には衣服が身体に貼り付いたむっちゃセクシーな肢体となっておりました。

続きを読む "撮り鉄にはなれそうもない 第二部〜第二回 夜久野町 下末 乗合自動車停留所" »

2013年4月26日 (金)

撮り鉄にはなれそうもない 第二部〜第一回

Img_iphone1264_drz400s

 旧 日本國有鐵道 若櫻線 阿部驛、現 若桜鉄道 阿部駅 です。

続きを読む "撮り鉄にはなれそうもない 第二部〜第一回" »

2013年4月24日 (水)

柴犬お散歩関所破り〜あとの祭りのあと

Img_iphone1263_shibainu

 次の日。櫻も散り始めておりました。

2013年4月23日 (火)

柴犬お散歩関所破り

Img_iphone1259_shibainu

Img_iphone1260_shibainu

Img_iphone1261_shibainu

Img_iphone1262_shibainu

 しばらく更新などさぼっておりまして季節感が微妙にズレております。ごめんなさい。
ご近所さんなのですが柴犬こう太さんとお散歩の道すがら、電球によって照射されておりますところの櫻木など眺めておりますと、観桜会など催しておられた方々より麦酒など勧められ、頑に固辞しておったのですが「関所やから飲まな通られへんで」などと仰せになる方もおり、しばし麦酒など頂いてほろ酔い加減で帰りました。

 大阪のノリの良い人であれば「関所やから飲まな通られへんで」みたいなことをふられた瞬間に「えっ?入り鉄砲に出女でっか?」とか返してくれるのではないかと思うのですが、私にはそういう機転が備わっておらぬことが返す返すも口惜しゅうございます。
 柴犬こう太さんも麦酒(ビールです)を勧められてましたが飲ましても大丈夫だったのでしょうか?

2013年4月15日 (月)

ネコと和解せよ

Img_iphone1258_drz400s

 うちの会社では社内報のことをインサイドマガジンなどとこじゃれた言い方をしておるのですが、その中の自己紹介的なところの当番が回ってきましたのでその原稿です。
 社内報にこんなたわけふざけたことで一体社会人としての自覚や責任はうんたらかんたら・・・とか言われましたらまったくもってそのとおりでございましょう。返す言葉も面目もございません。
 駄菓子菓子、こういうところになんだかここぞとばかりに、ここを先途とみたいな感じで自分大好き自分語りみたいなページを作っちゃう人とか決して少なくはなくて、あれはなんだかしみじみとうすらみっともないなぁ、とか思って斜に構えておりますが、客観的に見てしみじみとうすらみっともないのは私の方でしょうな。では皆々様方もネコと和解せよでございますよ。

2013年4月11日 (木)

撮り鉄にはなれそうもない 第参回

Img_iphone1253_drz400s

 兵庫県朝来郡生野町、現在は平成の大合併により朝来市となっておりますようですが、たまたま日吉神社を見つけましたのでかしこみかしこみお詣りいたします。

Img_iphone1254_drz400s

 日吉という地名の場所はまぁだいたい日吉権現さまをお祀りいたす日吉神社がある場所だと思って間違いないのではないでしょうか?
 私は若い頃に5年ほど横浜市港北区の日吉で暮らしましたが、ついぞ彼の地の日吉神社にはお詣りいたしませんでした。若かったとはいえ思慮に欠き尊崇の念をはなから持たなかった無礼千万の振る舞いを、遠くこちらの日吉神社にてお詫びいたします。
 この春上京しなさったお若ぇ衆にはいの一番、大手町の将門さまにひと言ご挨拶申し上げておくことをお勧めいたします。

Img_iphone1255_drz400s

 戊辰戦争の戊辰というのは十干十二支のひとつである由、万城目学さんの「鹿男あをによし」の中で言及されておりましたが、県名と県庁所在地の一致しないところはその時に維新政府側に楯突いたところであるとも聞き及んでおります。
 兵庫県の場合はやっぱり”生野の乱(変)”のせいでそうなっておるのでございましょうか?生野は銀を産出いたしたことから幕府の直轄地となっており幕臣とか旗本がいっぱいいたのでございます。
 関係ないですが、松竹映画の渥美清さんが金田一耕助役の「八つ墓村」では、落ち武者の総大将・尼子義久の身重の奥方が島根の方から播磨三日月、但馬生野をへて丹波篠山へと落ちのびたことになっております。

Img_iphone1256_drz400s

 わたしはどうも生野近辺のミニバン乗りの方と相性が悪いらしく2度ほど不快なメにあっております。車なんか興味は無いのでくわしい車種とかわからないのですが、アルファードとかなんとかのたぐいです。
 一度など市街地でクラクションならしながら追いかけられたのですが、市街地やそこらへんの国道だったらそんなんで鈴木式織機製作所の作った外道單車に敵うわけないだろ馬鹿。高速道路だとこっちが敵わなくなりますけどね、せいぜい150km毎時くらいしか出ませんから。
 馬鹿の語源は中国語の指鹿為馬(指鹿为马:じ〜 る〜 うぇい ま〜、みたいな発音)でございます、と知ったかぶり。

2013年4月10日 (水)

撮り鉄にはなれそうもない 第弐回

Img_iphone1251_drz400s

 旧 日本國有鐵道 若櫻線 阿部驛、現 わかさ鉄道 阿部駅 を後にしまして林道探索中。
このへんは全然大丈夫なのに標高を上げていくと、ある地点でいきなり積雪に阻まれました。さすが氷ノ山の名に偽り無し。

Img_iphone1252_drz400s

 ヤクルトのラックミーコーヒー豆乳飲料です。
 山の峰を越えるような長い未舗装の林道を走っていたら、前方にヤクルトレディの3輪の配達用スクーターが走っていて喫驚いたした、というような話が佐藤信也さんの今は亡きMr.Bike誌の連載・ファイヤーロードクラブにあったように記憶しております。
 私が喫茶いたしておりますのはいつも職場に来てくださるヤクルトレディのお姉さんより前日に購入しておいたものです。この豆乳飲料は他の珈琲飲料より10円安くてかつまた甘くて美味しいのでかれこれ2年ほど続けて飲用しております。

2013年4月 9日 (火)

撮り鉄にはなれそうもない

Img_iphone1250_drz400s

 旧日本國有鐵道 若櫻線 阿部驛、現 わかさ鉄道 阿部駅です。
 鳥取県八頭郡八東町にあり、鳥取方面からだと、隼 (SUZUKI GSX1300R 隼)乗りの人たちの聖地・隼駅のひとつ先の駅です。
 かつて寅さんの「男はつらいよ」シリーズのロケに使われたこともあるそうですが、アベノミクスとはあまり関係ありません、たぶん。

Img_iphone1248_drz400s

 ん〜、まだ五分咲きくらいですか?惜しい。

Img_iphone1249_drz400s

 最近マイクロフォーサーズの、なんだか4x5とか8x10みたいな比率のフォーマットが気に入らなくなってきてます。もっと35mmフルサイズみたいな横に長いやつの方がいいです、と口先だけは一丁前な私です。

2013年4月 8日 (月)

全但バス 下蔵垣 乗合自動車停留所

Img_iphone1244_xr650r

 全但バス 下蔵垣 乗合自動車停留所です。兵庫県養父市大屋町になるのかな?
缶詰の珈琲飲料などいただきたく、隣の無人販売機にて購入いたし、喫茶いたしながら拝見させていただいております。
 あまり美しい佇まいではないようにも思いますが、魔の山 by トーマス・マンみたいな字面の氷ノ山(ひょうのせん)から吹き下ろす寒風から人々を優しく守ってくださいます。

Img_iphone1245_xr650r

 こっちは上りの車線側なので大屋行き、一本だけ八鹿行きがあるようです。
反対車線は奥若杉という集落へ行く路線のようです。
 17時33分の便が最終というのがちょっと痛いのではないかと、地元住民の方の気持ちを忖度いたします。

Img_iphone1246_xr650r

 志位和夫さんはなんというか非常に良い面魂(つらだましい)をお持ちだと常々考えております。
 地方の乗合自動車停留所に貼ってあるポスターといえば共産党、なのですがその資金力の源泉は?などということはあまり考えないことにします、ちょっと怖いような気もしますので、そんなことはないのかな?

Img_iphone1247_xr650r

 養蚕の神さま、上垣守国翁の功績を讃え崇め祀ります。知りませんけど。但馬國や隣の丹後國は縮緬とかの絹織物の産地ですのできっとエラい人で分限者で人格者です、たぶん。今度行ってみよう。

2013年4月 7日 (日)

弥生 3月

Img_iphone1243_xr650r

 まあ4月に入ってもう1週間過ぎてるのになんですけど、今年の3月は比較的暖かくて天気もよい日が多かったのでそこそこ單車で走ることが出来ました。
 うちんちらへんはいわゆる裏日本でありまして、「夜になって粉雪、気温氷点下」と吉永小百合さんのナレーションが入った「夢千代日記」の湯村温泉なんて目と鼻の先でもあります。
 この地方では3月は気温が上がってきてはいても、ぐずぐずと天気の悪い日が多くてとても單車に乗る気にはなれないのですが、今年は例外的だったと思います。
 去年は3月の終わりに單車に乗っていて、あまりの寒さに丹波山中の温泉に駆け込んだのですが、開店前あったところを温泉の方が寒さにうち震える雛のような私の姿を見てあわれに思ったのか1時間早く入れてくださりました。
 ダチョウ倶楽部上島竜兵さんの出身地、兵庫県丹波市春日町にある国領温泉 助七さま、あの時は本当にありがとうございました。

 ところで私のXR650Rには容量17.5ℓのIMS製燃料タンクが買った時からついているのですが、これは北海道とか行くのでなければいくらなんでも大きすぎるような気がします。乾燥重量130kg台の車体に約17.5kg(ガソリンの比重わからないので水換算)の燃料は。ひとまわり小さい13ℓくらいの同社製タンクもあったように思うのでそっちに換装したいです。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28