« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

遊郭の格子ごしにおいでおいでするからおまいら冷やかして行けよ

Img_iphone1162_drz400s

 嗚呼、今日の新聞に不動産屋の折り込み広告など入っており、其の中の物件にもと遊郭であると思われる物件を発見せり。
 ん〜、金があったら欲しいのですがそんなものは何処にも無いです。
 しばし「吉原炎上」の西川峰子さんごっことかやったら楽しいだろうか?などという妄想にふけっておりました。
 1987年・五社英雄監督の「吉原炎上」の中で病気で正気を失った西川峰子さんが胸乳もあらわに、っていうか揉みしだきながら「誰でもいいからおっぱい咬んでよ〜」とかのたうちまわる場面があったのでございます。中村うさぎさんはこの場面を見て爆笑してしまったと何かに書いておられましたが。
 「愛の嵐」(1986年テレビドラマ版)の三枝伝右衛門(さえぐさ でんえもん in 中尾彬)ごっこもいいかな?

 うちんちの近くに陸上自衛隊駐屯地があるのですが、その場所にはかつて大日本帝国陸軍歩兵二十連隊であり、そこの兵隊さんたちは門を出ると通称 極楽坂と呼ばれる坂道を下り、柳並木の柳町通りを抜けて由良川に架かる音無瀬橋(おとなせばし)を渡って、猪崎の遊郭に繰り出されたそうです。行きに極楽坂と呼ばれた同じ場所が帰りには地獄坂と呼ばれたそうです。
 歩兵20連隊は昭和19年10月フィリピンのレイテ島にて玉砕。合掌。

2013年1月29日 (火)

弁財天さまの雨の恵み、全但バス 田淵停留所にて雨宿りなどいたすこと

Img_iphone1155_drz400s

 平成弐拾四年九月壱拾壱日、因幡國 若桜弁財天さまなどお詣りさせていただいた帰りに雨に降られました。
 弁財天さまはもともと印度の河川の神、水の神さまであり豊穣の神さまである由、印度の山奥で修業して提婆達多(ダイバダッタ)の魂を宿したというオトコが申しておりました。ごめんなさい、印度の山奥以降はうそですが愛の戦士レインボーマンです。

Img_iphone1156_drz400s

 合羽や蓑笠などの雨具等は一切持ち合わせておりません。

Img_iphone1157_drz400s

 全但バス 田淵 停留所 にてしばし雨をしのがせていただきました。
兵庫県養父市大屋町和田というところだそうです。

Img_iphone1158_drz400s

 雨雨ふれふれもっと降っても私のいいヒトなど連れてきてはくれません。
 激しい雨がオレを変える何もかも変わり始めるなどと申しましても現実には何も変わりはしません。
 ましてや蛇の目などという得体の知れないもので子供のお迎えに来てくれるというお母さんも果たして現実に存在しているものなのでしょうか?
 八代亜紀さんとザ モッズとぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらんの歌のことでございます。

Img_iphone1160_drz400s_2

 とても止みそうにはない雨でしたのであきらめて帰ることにしました。
 この日雨に濡れて身体の線も下着もあらわなあられもない艶姿の中年おやじを目にした方、お目汚しでごめんなさいでした。

Img_iphone1161_drz400s

 今の日本ではちゃんとしたオトナの人であれば雨に濡れるということもないかと思われます。
 ほんとうにずぶ濡れになっちゃうとTシャツもジーンズも肌に貼り付いてものすごく脱ぎにくくて蛇の脱皮みたいになるんだぜ。なんだか肌がぬるぬるするしな。

2013年1月28日 (月)

あやかしの森に迷いこんだよ

Img_iphone1154_drz400s

 旧日本國有鐵道 若櫻線 阿部驛、現 若桜鉄道 阿部駅です。
うちんちらへんからは、途中に豪雪地帯氷ノ山周辺を通らなければならないため、今の季節は相当の気合いがなければ行くことが出来ません。早く春になんねぇかな〜。

Img_iphone1145_drz400s

 幸せでありますように。

Img_iphone1146_drz400s

 若桜弁財天さま参道にて。

Img_iphone1147_drz400s

 行く手を阻まれる。

Img_iphone1148_drz400s

 「霊幻道士」で林 正英(ラム チェンイン)さん扮する道士がまく「勅令 随身保命」のお札みたいなのが書いてあるお。

Img_iphone1149_drz400s

 正しいことが書いてあるのかも知れませんが、ここに書き記すことが正しいことであるのかどうか判断がつきません。

Img_iphone1150_drz400s

 は、はい・・・。そうなんですか・・・。
 さだまさしさんが歌った映画「二○三高地」の主題歌を思いだします・・・と言ってもお若ぇ衆には何のことだかわからないでしょうね。

Img_iphone1151_drz400s

 中島式(名人号)木登器のご用命はこちらでどうぞ。
この山林はこちらの方の所有であり、このメッセージはこちらのご主人の手によるものなのではないかと推測いたしましたが、あまり深入りしたくはありませんでこのまま撤収いたしました。

2013年1月24日 (木)

旧 日本國有鉄道 若櫻線 阿部驛 〜 現 若桜鉄道 阿部駅

 去年かなり長期間にわたって更新さぼっていたので、夏の陽光が溢れる旧 日本國有鉄道 若櫻線 阿部驛、現 若桜鉄道 阿部駅 の写真を今この季節、明日から大雪といわれている今日この日にうpさせていただきます。

Img_iphone1136_drz400s

Img_iphone1137_drz400s

Img_iphone1138_drz400s

Img_iphone1139_drz400s

Img_iphone1140_drz400s

Img_iphone1141_drz400s

Img_iphone1142_drz400s

Img_iphone1143_drz400s

Img_iphone1144_drz400s

 行ってみてはじめて知ったのですが「男はつらいよ」シリーズのロケが行われたこともあるとても素敵な佇まいの駅です。
 実は今はもういなくなってますが、この頃会社に「阿部」姓のちょっと"ゆとり"が入った女がいて、そこはかとなく不愉快であり、この駅に来た時にも内心複雑なものがありました。
 しかし若桜鉄道の駅はすべからく素晴らしいですね。惜しむらくは車両をライトは丸目でキハ17とか20の彩色で運行してくだされば、大井鉄道の蒸気機関車にも匹敵するのではないかと思うのですがどうでしょう。

鬼平と犬

Img_iphone1129_drz400s

2013年1月17日 (木)

実に不毛ながらこんなのあったらいいなと思う單車を妄想してみた

鈴木式織機制作所
グラストラッカー815 815(ヤイコ)バージョンを発表

鈴木式織機制作所は815ccの大型バイク グラストラッカー815 を発売いたします。発動機はDR800Sの内径をちょこっと広げりんぐ。
 特別限定仕様車として815(ヤイコ)バージョンも用意されます。

Img_iphone1131_drz400s

Img_iphone1132_drz400s

Img_iphone1133_drz400s

 ごめんなさいごめんなさい。写真はネット上より勝手にいただきました。たしか5台限定とかで発売されたグラストラッカー(250)矢井田瞳さん仕様です。
 GooBikeだったかの中古車情報に掲載されていたことがあって、真剣に買おうか迷っているうちに売約済みとなっていたのを時折思いだしては忸怩たる後悔の念にとらわれるものであります。っていうか矢井田瞳さんはそれほど好きなわけでもないのですが正直なところ。
 グラストラッカーは形が好きなので、この形でDR650SEのエンジン搭載グラストラッカー650だとか、グースみたいに同じ車体で350エンジン搭載した型があれば楽しいのになぁ、と妄想いたします。

川崎航空機工業 單車事業部
1400ccの大型バイク エリミネーター1400を発売

Img_iphone1134_drz400s

 この画像も勝手にいただきました。ごめんなさい。
エリミネーター900です。ヤマハの1200cc版 V-Max と同じ時期に発売されましたが、V-Max と違って短命でした。個人的には V-Max よりもこっちの方が好きだったんですけどね。250や125バージョンはわりと最近まで現役だったようです。
 発動機は GPz900R Ninja のもので、エリミネーターファミリーには900・750・400・250・125の設定があり、Ninja ファミリーよりも大所帯でした。
 YAMAHA V-MAX がコレジャナイ方向に行ってしまった今、ZX-14R のエンジン使ったこんなバイクがあったらいいなぁ、とか妄想しております。

本田技研工業
750ccの大型バイク FTR750D を発売

Img_iphone1135_drz400s

 本田技研工業さまのサイトより勝手にいただきましたが訴訟とかはこらえてください。
HONDA RS7500D です。かっちょええ。
 VT750SだったかのHDスポーツスターをコピーしたようなデザインの單車出すくらいだったら、どうして自社製品のレプリカにしないのですか?と思うのですが商業的には当然のことでしょうね。
 そんなわけで XLV750 のエンジン使ってこんなの出来ないかな〜、と妄想しております。
妥協して VT750S の水冷エンジンでもいいです。

 ヤマハさんはSAKURAを。

ロッテ コアラのマーチ グローバルモデル

Img_iphone1126_drz400s

 ロッテコアラのマーチ。六面体のうちの2面、日本語バージョンです。
右上の方に「乐天」とあるのは「楽天」の簡体字で、おそらくは三木谷さんの楽天のことではなくて、「ロッテ」の音訳であると思われます。「ら〜てぃえん」のような発音になります。

Img_iphone1127_drz400s

 120°回転いたしまして中国語バージョン。コアラのマーチは小熊餅となります。しゃおしょんぴん、みたいな発音でしょうか。「巧克力(ちゃおか〜り〜、みたいな)」はチョコレートの音訳ですが、なんだか弱い自分を克服する力を持つのだ、みたいな字面がちょっと気に入っております。

Img_iphone1128_drz400s

 さらに120°回転いたしまして英語バージョン。コアラの絵柄をアジア圏と英語圏で別にしているのはそれなりの理由があるのでしょうか?

 これは中国に行った人におみやげでもらったものですが、本田技研工業のフレーム・エンジンほとんど共通で3通りに展開するNC700シリーズ・CB500シリーズみたいです。
 NC700・CB500シリーズともに悪くない、っていうかむしろかなりいいと思うのですが、それでも單車はガラパゴスがいい、と頑なに思い込みたがっている自分がいます。

英語圏でコアラさんがバイクにぶつかられてしまう動画 YouTubeさま

2013年1月16日 (水)

鉄道利用促進のためのボーイズラブならびにまさぐり俳句会について

Img_iphone1125_drz400s

 KTR利用促進会議。KTRは韓国の高速鉄道のことではなくて北近畿タンゴ鉄道、タンゴは舞踏ではなくて丹後國のことです、たぶん。旧国鉄宮津線・宮福線(国鉄当時未完成)です。
 鳥取の若桜鉄道(旧国鉄若桜線)が国鉄時代の駅舎を当時のまま使用し、文化遺産に登録されているのと違って、第3セクター北近畿タンゴ鉄道としてスタートした時にほとんどの駅舎を改築してしまったのがダメダメです。が、しかし去年だったかにアニメ「けいおん!」のラッピング車両が走っておったらしいですが私は見なかったです。

 しかし「ボーイズクラブ」というのが一瞬「ボーイズ ラブ」に見えて腐女子のヒトのようにどぎまぎして、「ささぐり俳句会」を「えっ?まさぐり俳句会?」とか思ってしまう私は病んでおるやもしれません。

2013年1月11日 (金)

将来式蓄電池 入れたよ

Img_iphone1123_drz400s

 恥ずかしながら鈴木式織機製作所DR-Z400Sのバッテリーをアゲてしまったので、この機会にマサチューセッツ工科大学の学生さんが考案、実用化なさったという新方式新世代の蓄電池であると謳われている SHORAI バッテリーを導入いたしました。
 何が新方式であるのかとかそういうことはわからないのですが、これまでのバッテリーみたいに硫酸とかのおっかない液体は入っていないそうで、とにかくはんぱなく軽くて小さいです。
 右がノーマルで積載してあった湯浅蓄電池製造所製。動かすと中で硫酸だかなんだかがちゃぷちゃぷしてます。

Img_iphone1124_drz400s

 専用の充電器でチャージする場合、パソコンの端子みたいな(IDEハードディスクのコネクタにそっくりです)のを接続します。このへんが"将来"ですね。
 当然バイクに積んで何の問題もなく始動・走行いたしました。

2013年1月 9日 (水)

屍鬼

Img_iphone1122_drz400s

 小野不由美さんの「屍鬼」がおもしろかったので、上下巻1.200ページくらいあったのを正月休みに一気読みいたしました・・・結果、ちょっと軽い鬱状態に陥ってしまったかも知れません。
 話の筋としてはぜんぜん新しくはなくて似たような話は昔からいっぱいあるのではないかと思うのですが、2段組みの1,200ページを読み終えた頃にはあなたも舞台の”外場村(卒塔婆村)”の住人になっていて、知りたくもなかった近隣住人の秘め事やなんかをいっぱい知らされたような気になっていることでしょう。
 藤崎竜さんのコミック、こっちはわりと最近になって完結したらしいのですがこれも面白かったです。

 今後ツーリングに行った先で"外場村"捜しとかやってしまいそうです。”村迫米穀店"とか”大川酒店”とか。”ドライブイン ちぐさ”の加奈美さんが好きですが、そういう名前の店はいっぱいありそうですね。

2013年1月 1日 (火)

おまえに祝う新年の快楽!

 

祝大家新年快楽!は大家さんにする新年の挨拶ではなくて、みなさま新年あけましておめでとうございますですよ、というような意味です。
 長らく更新滞らせてすみません。

Img_iphone1121_drz400s

 寒いですけどちょこっと走ってまいりました。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28