« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

ひとりでできるもん〜DR-Z400Sフロントブレーキパッドの交換

Img_iphone0684

 いや〜、ほとんど使い切りました。デイトナのゴールデンパッドですが、16,745kmの走行で交換です。私のDR-Z400Sはフロントにはデイトナのゴールデンパッド、リアには同社の赤パッドを使っております。純正は半分くらいに減ると特にリアが鳴き始めるのでこの組み合わせが今のところ気に入っております。

Img_iphone0685

 放置プレイが長かったのであまり綺麗になりません。ピストンにシリコングリスを塗ってシールと馴染ませるのですが後側には指が入らなくて塗れませんでした。こうゆう時はどうすればいいのでしょうか?素人の悲しさあさはかさです。
 そんなわけで対向ピストン6ポットとかのハイテクでかっちょいいブレーキが私はあまり好きではありません。メンテナンスにもそれなりに手がかかるので。
 リアにドラムブレーキを採用している單車もメンテナンスのめんどくささ故にあまり好きになれません。ホイール外さないと何も出来ませんからね。

Img_iphone0686

Img_iphone0687

 左は16,745km使用のゴールデンパッド。

Img_iphone0688

 パッドのハンガピンも純正(下)はキャップが固着してナメそうになって泣きそうになった事があるのでDRC製のものに交換いたします。

Img_iphone0683_2

 この下のところがブレーキパッドハンガピンのキャップなのですが、ここが熱で固着してマイナスドライバーではナメそうになる事しばしです。DRC製のものはここんとこが普通のソケットが使えるようになります。

2012年5月30日 (水)

真のネコを信じなさい〜ネコへの態度を悔い改め、ネコと和解せよ。

Img_iphone0680

 雲海です。但馬國。

Img_iphone0681

 消防水利の前に駐車してはいけません。

Img_iphone0682

 インテリアは豊岡市駅通り「家具の小川」さまでどうぞ。
 仏壇仏具のご用命は但馬八鹿「田中仏壇」さまでどうぞ。八鹿は「ようか」と読みます。
 イエス・キリスト曰く「真のネコを信じなさい。」

 すみません、私は人様がやっておられたことを猿真似しているのみにございます。
 たぶんオリジナルはこちら〜hagex-day.infoさま「本日のネコと和解せよ」

 真のネコ〜その1
">

 真のネコ〜その2
">

2012年5月29日 (火)

考えるな、感じるんだ!

Img_iphone0678

 丹波國福知山市の、ここんとこだけ中華街的たたずまいが素敵な中華料理屋さんの珉珉さまでございます。
 実に心強く実に頼もしい実に正しいお食事を出してくださいます。美味佳肴であることはいわずもがなであり、最近とみにふえて来たオンナコドモが喜びそうなたわけた食い物屋に厨房 怒りの鉄槌を下してくださる事を勝手に希望しております。

Img_iphone0679

 この垂れ幕の「D'ont think,EeeeeeeeAT!」っていうのがここ何日間か気にかかっていたのですが、これあれだ、「燃えよドラゴン(龍爭虎鬥)」で、ブルース・リー(李 小龍)が少年の弟子に教えを授けるシーンの台詞「考えるな、感じるんだ!(Don't think Feel !)」のパロディだ。それは月をさす指のようなものだ(It is like a finger pointing away to the moon.)でございます。

 そういえば店内にはブルース・リー(李 小龍)のポスターなんかも貼ってありました。
 実はご店主は李 小龍の道場の門下で、李 小龍本人から直接教えを受けた截拳道(ジークンドー)の使い手でいらっしゃり、「最近字は違うんだけど『眠眠打破』とかいう飲み物には少し腹が立っているんだよね」とおっしゃっていました・・・というのは私の勝手な妄想です、すみません。

 「燃えよドラゴン」の中国語タイトル「龍爭虎鬥」は「ろんじぇんふ〜どう」みたいな発音で(あ、すみません、香港なんかで使われる広東語の発音はわかりません。)はげしく闘うことです。英語タイトルは「Enter the Dragon」ですが日米においては何故に虎さんをないがしろにしているのでしょうか?むしろ「タイガー&ドラゴン」の方が原題に近いかも知れません。龍○虎○のタイプの成語は他にもいくつかあるのですが。

2012年5月26日 (土)

本田技研工業謹製V型二気筒発動機縦置搭載型單車〜HONDA GL400/500についてなど。

Img_iphone0689

 写真はネット上で勝手に戴いたものに勝手に加工を施しております。ごめんなさい。
HONDA GL400もしくは500です。GLは国内販売型の呼称で輸出仕様はCXと呼ばれたようです。
 濱矢フミヲさんの話でこんなのがありました。
 レーサーレプリカ全盛の時代に近所にGL400カスタムに乗っているお兄さんがいて、どうしてこんなうんこみたいなバイクに乗っているんだろう?と当時は思ったけど今になって良さがわかってきた、みたいな話が。
 GL400カスタムというのはGL400のクルーザータイプ、当時で言うアメリカンタイプで、うんこみたいというのは本当にうんこみたいな茶色のカラーリングのがイメージカラーでした。
 私は絶版車とか旧車は興味はあっても欲しいとは思わないのですが数少ない例外のひとつがこのGL400、できたらマニアック度でGL500です。

Img_iphone0690

 写真はウィキペディアさまより勝手に戴きましたごめんなさい。皆様、お調べものはウィキペディアさまでどうぞ。
 HONDA GL500の輸出型CX500です。
 最大の特徴はやはり縦置きのV型2気筒発動機で、イタリアのモトグッチが現在でもこの型式で單車を生産しておりますが、GLは吸排気系をできるだけ直線にする為にシリンダーにひねりが加えられているところが見目麗しいです。
 くぱぁ!とか擬音をつけたくなるM字開脚の如き縦置きV型エンジンの上に跨がるなんてどんだけ背徳の官能に身を任せる單車なのでございましょうか。

 千葉県松戸市の藤川オートセンターさまにめずらしいGL400のII型(フロントダブルディスク)が出ててものすごく欲しい。ステマじゃないです。

2012年5月24日 (木)

ちょっと韓国行ってきた〜コリアン單車世界の旅・第23回 旅の氷点

Img_iphone0677

 歩いているおねえさんを盗撮したわけではありません。移動のバスの中から学校らしい建物の前に止まっている単車を写しました。

 「全東洋街道」で藤原新也さんが旅に出てはじめは高揚して見るもの聞くものすべてがきゃっきゃうふふなのですが、ある時に感覚がシャットダウンしたかのように何も感じなくなってしまう事がある、そのような状態を指して「旅の氷点」と書いておられたのですが、この時の私もそのような状態で「あ〜、またVF125だよ」などとおざなりにiPhoneのシャッターを切っておりました。

 だがしかし帰国して後写真を拡大してみますとどうもDAELIM VF125とは少し様子が違います。
 撮影直後に気がついた事ではこの單車のフロントカウルのライト廻りは油冷最終〜水冷最初期のSUZUKI GSX-R 750/1100に酷似していたのですが、それは悪名高いYAMUDA製カウルかと思われたのですが、VF125が丸パイプフレームなのに対してこの單車は角フレームの様です。
 現行のDAELIM ROADWIN(VJF125/250)かと思って写真を参照してみたのですが、ROADWIN(VJF125/250)がリアモノショックなのに対してこの單車は2本サスです。
 謎ですが丸パイプフレームをアルミツインスパーフレームに偽装するようなパーツが販売されているのだとすれば疑問は氷解いたします。「新宿・・・モげろ・・?」ナンバーとか売ってるところですから、偽装アルミツインスパーフレームくらいなら罪は無いかも知れません。

「新宿・・・モげろ・・?」ナンバーその1

「新宿・・・モげろ・・?」ナンバーその2

2012年5月18日 (金)

ちょっと韓国行ってきた〜コリアン單車世界の旅・第22回 おまいらの好きなようじょ

Img_iphone0675

 ほれ。おまいらの好きなようじょ(まぁこれは一種の定型文みたいなものなので真に受けて怒ったりしないようにお願いいたします)。

Img_iphone0676

 たぶんこれも繁華街からは少し離れた京城(ソウル)市内だと思います。
ちょっと秋葉原的。

2012年5月17日 (木)

岡山県美作市後山・春名商店さま

Img_iphone0674

 写真は岡山県美作市後山・すてきなたたずまいの春名商店さまです。
最近「美作 春名商店」とかの検索でここに来てくださる方がいてちょっとうれしいです。
 看板最上段の文字がどう読むのかわからないところがこれまたすてきです。はかり・・・ぐるま?・・・違うな、地酒の商標かなにかでしょうか?ご存知の方は是非御知らせください。

 春名商店さまは美作共同バス後山バス停そば、たしか国道429号線の岡山兵庫県境の峠を岡山県側に降りたすぐのところにあったと記憶しております。
 ぜひこちらにて缶詰の珈琲飲料など喫していただきたいと思いますが、これはステマとかじゃないです。

ちょっと韓国行ってきた〜コリアン單車世界の旅・第21回 かっぱえびせんの起源は韓国ニダ、とかいう人に本当はちょっと会ってみたかった件

Img_iphone0665

 「かっぱえびせんの起源は韓国ニダ!」
とりあえず今回の旅行ではこういう訳の分からない事を言う人には会いませんでした。
空港からのバスのガイドさん(日本留学経験のある韓国人女性)が「単に(朝鮮半島の)東側にある海だから東海、西側にある海は西海と呼んでいただけなんですけどね。」と申し訳なさそうに言っていたのが印象に残っています。

Img_iphone0666_2

 「ロッテって韓国の会社なんだけど知らない人が多いよね」といったような会話を聞いた事がありますが、それはすこし正確ではないようです。
 在日コリアンのなんとかさんがロッテを創業した後に韓国にも同名の会社を作ったとかそんな感じだったと思います。
 個人的にロッテのチョコパイはあまねくすべてのおやつの中で最も好きなお菓子です。駄菓子菓子韓国ロッテ(写真のがロッテかどうかはよくわかりません)のチョコパイは中に入っているのがもろにおもちで・・・微妙です。

 あまり関係がないですが「南京大虐殺など無かった」と言われたのは名古屋の市長さんでしたか?言いたい事も言えないこんな世の中じゃぽいずんですけどよく言われたと思い支持いたしたく思います。
 たしか2週間だったか3週間だったかの間に一部隊かそんなもんの人員でどうやって30万もの人を殺すんだ指鹿為馬(じ〜る〜うぇいま〜、みたいな発音。是非を転倒する、白を黒と言いくるめるみたいな意味。日本語の『馬鹿』の語源説あり)。

2012年5月10日 (木)

ロイヤルエンフィールド

Img_iphone0673

 写真はネット上で勝手にいただきました、ごめんなさい。ちょっと正確な事はわかりませんが現在は印度で生産されているロイヤルエンフィールド、のちょっとすごいことになっている單車だと思います。これは・・・なんか好きだ、です。

2012年5月 8日 (火)

ちょっと韓国行ってきた〜コリアン單車世界の旅・第20回 大林自動車工業(DAELIM)VF125型單車原型本田技研工業製VT250FGについて、また自転車国粋主義者の台頭についてなど

Img_iphone0605

 韓国シリーズまだ続けております。
上の写真は韓国京城(ソウル)の繁華街で見かけた大林自動車工業(DAELIM)製VF125型(改)です。125cc単気筒発動機でVFを名乗っておりますが(VFはHONDAのV型4気筒発動機搭載の單車に付けられる名称です)、そのデザイン意匠はやはり本田技研工業製のVT250FG型單車を模倣していると思って間違いないでしょう。

Img_iphone0670

 今日の帰宅中です。自転車はギヤMマークの燦然と輝く宮田工業製です、ママチャリだけど。
 ここは真剣に言っておきたいのですがおまいら自転車はホームセンターやなんかで中華人民共和国製造のとかを7980円とかで絶対買うな。
 戦国時代の鉄砲鍛冶の技術の流れで作られているのが日本製の自転車なので、形は似てても中国製やなんかとは魂とかスピリットが違います(ただし台湾製は許す)。シマノ本社が大阪の堺市にあるのは堺の鉄砲鍛冶の流れですし、ミヤタも水戸藩の鉄砲製造から戦時中には大日本帝国海軍制式採用零式艦上戦闘機通称ゼロ戦の脚部分を製造しておったようです。航空母艦の飛行甲板に着艦する戦闘機の脚ですぜ、すごかろ?
 マジレスいたしますと自転車というのは基の精度もともかく、組み立ての精度が命の部分が大きいので、お願いですからすっかり減ってしまった町の自転車屋さんで日本製の自転車を買ってください。長く乗れば結局その方が快適に乗れて安くつきます。

Img_iphone0671

 「ちょっ」「おっ」というような掛け合いを「マカロニほうれん荘」のキンドーさんとトシちゃんがよくしていたように記憶しております、お若ぇ衆はご存じない漫画の話です。
 ちょっ、この單車は !?

Img_iphone0672

なんか干してあるけど本物!HONDA VT250FGです。しかも希少な限定カラーではないでしょうか?
 いや〜、やはり本物はいいですなぁ、似せてあるとはいえDAELIM VF125なんかとは作り込みが全く別次元です。1980年代半ばの單車ですがよくぞここまで綺麗なままで。整備のめんどくさそうなインボードディスクブレーキがメカメカしくてよいです。CBX550Fなんちゅう單車はフロントにこのインボードディスクブレーキをダブルで装着しており、整備の時にどんだけめんどくさいんや感を醸し出して実に素敵でありました。 
 しかしこのVT250FG、フレームの無限ステッカーはいいとしてFフェンダーに付いてるのは風圧で発電してLEDが発光するやつ・・・・・・・・・余計なお世話ですがこれは止めた方が・・・・・・・・せっかくこれだけ綺麗なVT250FGなので。あ、ミラーのわんこのシールは可愛いですね。とりあえず勝手に写真を撮ってごめんなさい。VT250FG、いつまでも大事に乗ってください。

2012年5月 7日 (月)

ネコの御子〜ネコへの態度を悔い改め、ネコと和解せよ

Img_iphone0668

 人様がやっておられた「ネコと和解せよ」、自分でもやってみたかったのですが捜すとなかなか無いものなのですね。

Img_iphone0669

 すみません、まるっきり人様の猿真似なのですがどうしても一回やってみたかったのです。どうも文字の一部を消しただけでは「ネコ」がいまいち苦しいようで、ちゃんとやるにはすこし移動なんかもした方がいいみたいですね。

本日のネコと和解せよ 〜 Hagex-day.infoさま

2012年5月 3日 (木)

R-18指定。HONDA CB750F、もしくはCB900Fについてなど。(閲覧注意)

Img_iphone0667

 HONDA CB750F、もしかしたらCB900Fです。
詳しい人はぱっと見ただけでFAとかFBとかすぐわかるそうですが、私にはFCではない、というところまでしかわかりません。FCはフロント18インチのブーメランコムスターですからね。
 端正なスタイルの美しい單車だと思うのですが、この時代の單車は前照灯がまだ常時点灯ではなくスイッチ操作で点灯しており、このCB750Fは夕暮れ時にポジションランプを点灯した姿が最も美しい單車であったと記憶しております。

2012年5月 2日 (水)

ちょっと韓国行ってきた〜コリアン單車世界の旅・第19回 前略、道の上より

Img_iphone0663

 «前回までのあらすじ»

 藤原新也さんの「メメント・モリ」に倒立しているヨガの行者さんらしき人の写真に「あの人がさかさまなのか、私がさかさまなのか」という文言が添えられているページがあったと記憶しております。
 同僚たちは円高ウォン安だとかで免税店やらデパートやらに入り浸ってお買い物ばかりしておりまして、あまつさえ珈琲など喫っするのにわざわざスターバックスなんかに入ろうとするので、本当にわけわかんねぇ、と思った私は(非常に愚痴っぽくてごめんなさい)「霊幻道士(殭屍先生)」で林正英と許冠英が珈琲を飲んでいた喫茶店を捜します。李賽鳳もいるはずです。」と捨て台詞を残しひとりまた京城(ソウル)の裏路地やなんかをほっつき歩きました。

Img_iphone0653

 側車付き大林自動車工業(DAELIM)製單車です。ちょっと前に紹介しておりますが荷物を積む為に後側懸架緩衝装置(リアのショックアブソーバー)を6本も装備するくらいならこちらの方がはるかに実用的かつスタイリッシュかと思われます。
 とはいうものの日本国内にあっては赤男爵が輸入している暁星機械工業(HYOSUNG)製の側車付き單車など間違えても購入を考えたりしない方がよろしいかと思います。ただでさえブレーキに不安を感じるらしいのに・・・。

 写真のDAELIMはよく見るとシフトペダルを手で操作するようにしてあるので、もしかしたらオーナーは足が悪い人なのかもしれません。

Img_iphone0654

 大林自動車工業(DAELIM)製のS1というスクータータイプの單車です。総排気量っていうか単気筒125ccで現在ではS4あたりまで進化しているらしいですが、このDAELIM S1はすこし大きなスクータータイプでは最も良く見かけます。
 ちょっと包み隠さず申し上げますと韓国製のスクーターはどれも目が腐り脳が爛れそうな酷いデザインのものばかりなのですが、このS1のデザインは例外的に良く出来ているような気がします。ちょっとジオン公国側の水中戦用モビルスーツみたいで。
 ただこのバリアフリー住宅的なガードは私は見慣れたとはいえ野暮だねぇ、無粋でいけねぇや、です。
 DAELIM S1の全体像はこの韓国シリーズの第3回(3月1日)でうPしております。

Img_iphone0655

 「霊幻道士(殭屍先生)」で林正英と許冠英が珈琲を飲んでいた喫茶店は見つかりませんでしたが、なんとなく元華(ユン・ワー)扮する殭屍(キョンシー)に襲撃されるお屋敷みたいなおうちがありました。
 ちゃんと門扉には殭屍(キョンシー)よけのお札が貼ってあります。

Img_iphone0656

Img_iphone0657

Img_iphone0658

Img_iphone0659

Img_iphone0660

 いずれは再開発とかされてしまうんでしょうね。

Img_iphone0661

 ヒャハー!
無灯火で夜の路地を駆け抜けるのがオトコらしいです。もちろんヘルメットなど・・・。
とか交通関係でたわけた軽口をほざくことが昨今私どもの京都府下では少し憚られます。
 皆々様もくれぐれも安全運転で。

Img_iphone0662

 加拿大(カナダ)国旗横の日本国旗がご確認いただけますでしょうか。
とにかくなんでもかんでも燃やしてしまうわけでもないようです。
 ちなみによくは知らないのですが韓国国旗は陰陽の太極と八卦をモチーフとしていて、「霊幻道士(殭屍先生)」で林正英(ラム・チェンイン)扮する術師の扮装や道具に描かれているものと同じものです。とはいえ陰陽を赤と青にしてしまうというのはおまいら物事の本質を本当に理解しようとしている?とかの疑問も感じざるをえません。

2012年5月 1日 (火)

ちょっと韓国行ってきた〜コリアン單車世界の旅・第18回 偽造韓流電視連続劇(ドラマ)〜韓流のドラマなんて見た事ないけどな

Img_iphone0646

 «前回までのあらすじ»

 会社の研修ならびに慰安旅行で韓国の京城(ソウル)に来ていた私ですが、自由時間に同僚たちはひたすら免税店とかデパートとかで買い物ばかりしていて、「あなたたちそんなこと楽しいですか?おもしろいことは外にいっぱいいっぱいあるではないですか?」と想った私はひとりで路地をほっつき歩いたり、韓国製の單車をながめたりして楽しんでおりました。
 集団の論理を無視した勝手気侭我侭放題傍若無人な振る舞いを若干反省した私はある程度我を殺しまわりに合わせなければならんな〜、とか思っていたのですが、次の日歩いているとスターバックスの珈琲屋があってみんなでそこに入ろうという話になった時に「あなたたちなんで大韓民国でまで珈琲のチェーン店入りますか?もういいです、私は「霊幻道士(殭屍先生)」で林正英と許冠英が珈琲を飲んでいた喫茶店を捜します。李賽鳳もいるはずです。」と捨て台詞を残してまた飛び出しました。(注釈 : 林正英=ラム・チェンイン、許冠英=リッキー・ホイ、李賽鳳=ムーン・リー。殭屍先生は中国語普通話ではじゃんす〜しぇんしょん、みたいな発音でキョンシーさん、みたいな意味でしょう。「霊幻道士」は香港映画ですので念のため。)

 裏路地のお店で缶詰の珈琲飲料500ウォン日本円換算35円程度也をいただいておりましたところ、オトコがやってきてお店のおばさんと話し始めました。
 ハングルはまったくわからないので二人の会話を勝手に脳内アフレコして楽しんでおりました。

Img_iphone0649

Img_iphone0650

Img_iphone0651

 お店のおばさんの息子張冠(ちょうかん)は一帯でも顔役のヤクザの親分で、右腕の李戴(りたい)が使いでやってきたんだよ。

 張冠李戴(じゃんぐわんり〜だい、みたいな発音)は中国語の成語で張さんの帽子を李さんがかぶる、からちぐはぐなことをするみたいな意味なのだそうです。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28