« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

スピリチュアルとかほざく糞女には人中を砕く正拳をお見舞いしようず

Img_iphone0491

 えっと1984年になるのかな?昭和59年8月20日第一刷発行の山海堂「飛べ、より遠く。ヤマハDT200R」です。「飛べ、より遠く。」のサブタイトルが少し恥ずかしいですが、37FのDT200Rの虎の巻です。
 「マイバイクエンジョイマニュアル」シリーズとして、この時代に人気のあった單車すべてにこの本が出ておりました。

Img_iphone0492

 この本ではおもにテーブルトップの跳び方とかウォッシュボードの走り方とかMXコースの走り方が主に書かれていますが、簡単なサービスマニュアルとパーツリストの代用にもなる大変お得な本でしたが、見開きの2ページ分だけ実に不愉快なページがありました。
 この時代に單車雑誌などをお読みになっていた方はこの名前が記憶にあるのではないかと思いますが、香咲弥須子というオンナが「オートバイはSEXと同じだ」などという実にしゃらくさい文章を書いております。
  「オートバイはSEXに似ていて、SEXよりすごい」だって。()笑。
大体こんなの書いてる本人だってそんな事は思ってないに違いないです。ただここにあるのは「女の子なのにこんなこんな過激な文章書いちゃってる私ってば翔んでる女」みたいな自分大好き自己憐憫自己顕示自画自賛的で自己欺瞞で自家撞着なもうとにかくしゃらくさいです。が、この時代には何の世界にもこういうしゃらくさいヒトがいてそれを好しとする風潮もあったように思います。

 中村うさぎさんは自身がデリヘル嬢になった体験を何かに書いておられましたが、中村うさぎさんには常人には到底真似の出来ない愚行に突っ走る馬鹿力があり、それを独自の視点で分析する知性があり、またそれを面白可笑しくも説得力のある文章にして読者の共感を得る筆力があります。
 現実にはリスクを冒す事もせずただ少し過激に思える文章をこねくり回してイメージのみで自分を良く見せる事だけに執着した香咲弥須子など春のスカ屁に如かずです。

 佐藤信哉さんの言葉に「バイク乗りは命に関わるものの整備を自分でやっているのだ。あまりナメるなよ。」というのがありましたが、やがてバイクブームが去り流行で単車に乗っていたヒトたちが消えていくのと同じくして香咲弥須子の名前もバイク雑誌から消えたように記憶しています。と思ったらこのヒト今は「スピリチュアルカウンセラー」()笑。を名乗っているらしいです。氏ねじゃなくて死ね、と思ってしまいますがたくましい。

 本当のことを言うとたしか角川文庫だったと思うんですけど、なんだか試験管ベビーの精子提供のオトコが罪悪感でうだうだして、ラストで主役のオンナが單車で崖から落ちる香咲弥須子の小説を読んでしまったことがあるのは黒歴史。

2012年1月24日 (火)

何?このモーレツにイカすシビれる單車は?



 モーレツにイカすシビれる單車の動画です。クルマもかっちょいいです。

もしかしたらすっとぼけたことを言ってしまっているのかもしれないのですがこの單車は何ですか?トライアンフ?カワサキの650のやつ・・・はリア片持ちじゃなかったですよね?
判る人いらしたら教えて下さい。

あれ?なんかアンダーラインなんか入れたくないのにとれない?かつてはhtmlの勉強とかもしたのに・・・

2012年1月23日 (月)

ぷりぷりいいよ、ぷりぷり・・・とは素直に言えない事情がある。

4126830c

 あれ?今では有り得ないほど股上の深いジーンズに感じるこのものすごい違和感は?
 1990年前後くらいかな?このヒトたちがはやってたのは。埼玉の上尾自動車教習所の送迎バスの中ででこのヒトたちの曲が流れてて、お母さんと小学生の娘さんがこのヒトたちについて語ってたのとか、駅に行く途中にあった桶川中学の生徒さんたちがこのヒトたちの曲で体育祭の創作ダンスの練習をしていたのとか、個人的にはこのヒトたちの曲を耳にするとフラッシュバック埼玉現象を起こします。

 だがしかしこのヒトたちはわりと真顔で前世からの友情だとか、もうひとり目には見えないメンバーがいるのだとか、今で言うスピリチュアルだけどつまりは孔子のいう怪力乱心を語っていたのがなんだかとっても痛かったです。
 妄りに侫言を騙り徒に人心を惑乱した貴方がたは孔子に怒られなさい。ついでに莫妄想、妄想するなかれと言われたお釈迦さまにも怒られろ。

 再結成しようが全然興味はないですが、この前ホームセンターで見つけた「龍が如く 劇場版」に出てた岸谷五朗さんが神演技だったのであまり悪く言うのは止めておきます。

 ほんとは捜すとこのヒトたちのCDが3枚ほどあるはずだがそれはないしょです。
 あと、SHOW-YAのVo.寺田恵子さんが今でもむっちゃ好きなのもないしょです。

2012年1月21日 (土)

ニーハイいいよ、ニーハイソックス。

415zwrdbkzl_ss500_

 画像はamazonさんから勝手に戴きました。怒られちゃうかな怒られちゃうかな?訴訟社会だと聞き及んでおりますので訴えられたりするかな?みなさん、ニーハイソックスをお買い上げの節はぜひAmazonをご利用ください。これで大丈夫かな?しかしこの人が履いている靴はどういうセンスですか?

Img_iphone0490

 ツーリングで女性用水着を中に着るかどうかは最重要検討項目としてとりあえず現時点では保留いたしますが、今の季節日常生活でも單車乗車用脚絆は大変重宝いたします。
 一番左がSIDI製ですが、これはひざ下までのハイソックスでちょっと失敗。
 二番目がGAERNE製。長さが少し中途半端でひざ上まで引っぱり上げても結局ひざのまん中あたりで落ち着きます。「G」のマークがガンダムっぽくてよいです。
 三番目はRS Taichi製でこれは完全にひざ上まで。このなかで値段が一番安くておすすめです。何故かデザイン意匠がGAERNE製と瓜二つです。
 次がROUGH&ROAD製でRS Taichiとほぼ同じ長さです、がなんだか1930年代ドイツで起こった芸術運動みたいなデザインですね。
 で、一番右もROUGH&ROAD製ですがこれはSJ13型RMX250S(1993年型)に乗っていたころのもので、実に20年近く前のものですが未だ使えます。とはいえゴムがぐずぐずで履いているとすぐに絶滅種ルーズソックス状態と相成ります。
 若い頃にはこんなの無くても全然平気だったんですけど、寄る年波という奴ですね。

 ちなみに文中さかしらに「1930年代ドイツで起こった芸術運動」みたいなことを書いておりますが、そういった知識はまったく持ち合わせておらず、適当にディティールをでっちあげただけです。

2012年1月18日 (水)

スクール水着と核弾頭をめぐる考察についてなど

A209a7043s_2

 画像はリンク元さまより勝手にいただきました。ごめんなさいごめんなさい。

ツーリングで女性用水着を中に着るバイク乗り〜情報元:「バイクと!」さま

 3行で要約させていただきますと
・女児用スクール水着がバイク用インナーウェアとして最高。
・知っている人はみんなこっそり着用、知らない人は情弱(情報弱者)。
・↑ネタだとは思うけど、もしかして知らないのは自分だけなんじゃないかとみんな疑心暗鬼。←今ここ。

 なんだか潜水艦の映画でこんな感じのがありました。
詳細は忘れてしまいましたが、旧ソ連の原子力潜水艦が何だったかで外部との連絡不能になって、乗組員の人たちがみんな外では既に大三次世界大戦が勃発していて、核ミサイルを後生大事に抱えているのは自分たちだけなんじゃないか?とか疑心暗鬼に陥り、実際に政治将校なんかは核ミサイルを発射しようとして艦長たちと対立する映画。
 タイトル何だったですか?「レッドオクトーバー〜」はちょっと違う筋だし、知っている方がいらしたら教えて下さい。

 スクール水着・・・おっさんは絶対やめとけ、見苦しい吐き気がするわ。ええぃ!即刻立ち去れと思いますが、いなせなお若ぇ衆ならそれはそれでおっけいなんじゃないかと思ってしまう自分がいる・・・

2012年1月17日 (火)

カワサキ 天涯 〜 kawasaki tengai

14

 昨日日曜洋画劇場でバイオハザード(3だった?)を見ていたのですが、ミラ・ジョボビッチさんが乗ってたのはこのBMWのK1300Rっていうやつですか?前の型の1200かもしれませんが、なんだかものすごい世紀末覇者的なデザインですね。
 だがしかしやっぱり200万諭吉は軽くこえるのか。だがしかしかっちょよろしおすなぁ。

Img_419713_6053028_6

 ところでkawasaki 天涯たんです。10年ほど前の單車ですが現車は見たことがありません。実に濱矢フミヲさん好みのマニアックバイクでございましょう。カウルに筆文字の「天涯」が大きく書いてあるタイプの写真を探したのですが、個人さまのブログなどでしか見つけられなかったのでこちらで我慢いたします。どっか外国のバイク屋さんのHPから勝手に使わせていただいております、ごめんなさい。
 カウルの綴りを見て「えっ? テンガ?」とか早とちりしないように。
あれはドラッグストアに置いてあったりしますが、あれをレジまで持っていける方は勇者です。「プレデター2」のラストみたいに種を越えて「勇者よ・・・」と皆で褒め讃えます。
 「天涯」はしかしなかなか良いネーミングだと思うのですがどうでしょう?日本語では「天涯孤独」ぐらいしか使わないのですが、中国語では「天涯海角(てぃえんや〜はいじゃお)」といって、ものすごく遠くのことをいいます。燃料タンクは驚異の23リットル容量らしいです。
 排気量は単気筒の650ccで出力48ps、乾燥重量159kgでものすごく走りそうです。

2012年1月14日 (土)

富士・櫻・子宝〜山葉風琴製造所 櫻

Img_iphone0488

 何日か前に昭和の時代には写真撮影用カラーネガフィルムには「富士」「櫻」「子宝」などのめでたづくしの愛称がつけられそれぞれシノギを削っておりました、などと書きましたが、櫻のカラーフィルムです。東京・中野のカメラ屋さんで1985年期限のものを100円で売っていたそうですが、残念ながら撮影後現像しても画像は出てきませんでした。
 もう少し古い時代のサクラカラーは今のKTM(オーストリアの單車製作所です)みたいなオレンジ色がイメージカラーで外箱もパトローネもその色でしたが、これは後にコニカカラーとなってブルーをイメージカラーにするまでの過渡期のものなのでしょう。
 ちなみにフジカラーのイメージカラーはKawasakiのライムグリーンとはちょっと違うけど緑色、コダカラーはSUZUKIのモトクロスバイクみたいな黄色でした、って過去形にするにはちょっと早いか。

Img_iphone0489

 コニカのISO200のカラーフィルムはたいへん気に入っておりました、DD200とかCenturia200とか。使ったことは無いのですが「ママ撮って」っていうネーミングのフィルムもあり、かなり記憶があやふやですが「素肌美人」的なネーミングのもあったような気がします。
 ただしDNPになってからのCenturia200はKodak製のOEMで騙されたような気がしました。

Xsv1_main

何年か前のモーターショーに出品された山葉風琴製造所 櫻(YAMAHA XS-V1 SAKURA)です。YAMAHAらしい美しい造形でかなり気になる存在ですがもう市販されることは無いのでしょうか?
 ちなみに風琴は中国語では「ふぉんちん」みたいな発音でオルガンのことです。山葉は創業者さんですね。

2012年1月10日 (火)

スズキ、1100ccの新型二輪車「ハヤテ」を出展、だと思た。

スズキ、110ccの新型二輪車「ハヤテ」を出展。

 スズキ、1100ccの新型二輪車「ハヤテ」を出展、だと思いました。
「ハヤテ」、「隼」の小回りが利くバージョンなのかと。
 「隼」は日本陸軍制式採用一式戦闘機の愛称ですが(スズキの「隼」のネーミングはこれとは関係ないと思いますが)、「疾風(はやて)」は四式戦闘機の愛称ですしね。ちなみにどちらも中島飛行機製。今の富士重工、スバルです。

Ac360419
スズキ ハヤテたん。

2012年1月 9日 (月)

台湾の單車いいよ、台湾の單車。

8500222b3011111000100

 画像は埼玉の單車屋さんはとやさんのWEBよりいただきました。埼玉在住時にはとや上尾店さまで何度かパーツ・用品を調達させていただきましたことがあるので許して下さい。
 台湾のSYMっていう会社のWOLF SB250Niという單車です。スペックはこちらからどうぞ。
 たぶん日本のストリートファイター系のデザインはヤマハやスズキの中国生産モデルより本物らしいと思うのですがどうでしょう。
 正立のフロントフォークにブレーキキャリパーはラジアルマウントというお茶目な面も。ペータルディスクもフローティングにはなってないですよね、これ。でもラジアルマウントとかペータルディスクとかに憧憬を抱く台湾のお若ぇ衆の心の裡を忖度してこれはこれでよいです。
 試乗車とかあったらちょっと乗ってみたいですけど、今のところ買ってどうこうということをブログなんにかにアップしている人はいないようなので誰かどうですか?値段ははとや上尾店さまで33.9万円、どこでもだいたいそんなもんですけど、京都のお店はちょっと高かったです。ちょっとレトロな125ccのWOLF Classicっていうのもあるよ。
 單車国粋主義は他国製單車を排斥するに非ず、單車による五族共和を標榜いたします。とはいえ韓国製はちょっと・・・

2012年1月 8日 (日)

月のころはさらなり

Img_iphone0487

 月のころはさらなり、はいつだったですか?夏?秋?冬?

 写真はなんだか道なき道を走ってるみたいですけど、実際は河原の舗装道路です。
 BAJA1000っていうオフロードのレースは1日で未舗装路を1000kmも走るのか、すげ。とか思ってましたけど、あれkmじゃなくてマイルらしいよ。1.6倍増しらしいよ。すげ。高速道路でもしんどいわ、ふつう。

2012年1月 6日 (金)

私と和解してそして態度を悔い改めてbyネコ〜ネコと和解しネコへの態度を悔い改めるお寺

 福井県越前市に御誕生寺というところがあって、そこはネコと和解しネコへの態度を悔い改めるためのお寺なのだそうです。

猫だらけの寺「御誕生寺」で猫まみれになってきた

 これは行ってみたいです。福井県越前市って豪雪地帯みたいなイメージがあるけどどうなんだろう?福井県ってすぐ隣の県なんですけどなんだか奥深い印象で、大陸奥地にまで誘いこまれた旧日本軍みたいな気持ちになります。
 春になったら単車で行ってみよう。

2012年1月 5日 (木)

富士・櫻・子宝

Img_iphone0485

Img_iphone0486

 フィルムメーカーのKodakが倒産しそうなのですね。
米国の会社で正式にはイーストマン・コダック社といいます。
 かつて豊臣秀吉がまだ羽柴秀吉と名乗っていた(仮面の忍者赤影のナレーションでそういうのがあったんだよ)昭和の時代、お正月ともなればかまびすしいほどに写真撮影用フィルムのテレビコマーシャルが流れていたものでした。
 写真撮影用カラーネガフィルムには「富士(富士)」「櫻(小西六)」「子宝(コダック)」などとめでたづくしの愛称が付けられ(若干のうそまやかしを含んでおります)、それぞれにしのぎを削り合っていたのでございます。
 昭和50年代にはまだ各店舗に現像機やプリンターは普及しておりませんでしたので、撮影後のフィルムは各メーカーの現像所に送られていたので、仕上がりまで中二日とか三日とかが当たり前の時代であり、36枚撮り1本同時プリントに出すと3千円前後の出費になるのも当たり前田のクラッカーの時代でありました。
 ちなみに「子宝(コダック)」のフィルムを現像に出すと「東洋現像所」というところが現像してくれていたのですが、「東洋現像所」とは「東印度会社」的な白人優位植民地覇権的な命名であるな、と感じていたのでございますが、実際は「東洋現像所」は純日本の会社でございました。現IMAGICAです。

 写真撮影用フィルムのメーカーがフジ一社になると値上がりすんだろな、と思いますが実際にはもうフィルムなんか一切使ってないです。めんどくせんだもん、スキャナで取り込んだりすんの。

おまいらネコと和解しネコへの態度を悔い改めた?

Img_iphone0483

Img_iphone0484

 たしか内田春菊さんの漫画だったと思うんですけど、その年の新しいカレンダーを見るとその中に自分が死ぬ日があるんじゃないかと思う、てな事を申す若い男の子がいました。
 昨今ではなんでもマヤ歴だかなんだかで2012年人類滅亡するよ、てな事を申す奴輩(やつばら)なども居るようでございますが、そんなのはていの良い身勝手な願望に過ぎないのでございます。
 もし私が神とかのヒトだったら「てめえら楽に死ねるとは思うなよ(ニヤリ)。」とか「泣き叫んで『お願いですから殺して下さい』と懇願するまでいたぶりぬいてやんよ(ニタリ)。」とか思いますもの。
 ですからせめてものよすがにネコと和解しネコへの態度を悔い改めよ。←これがかなり気に入ってます。

2012年1月 4日 (水)

ネコと和解せよ

ネコと和解せよ

ネコへの態度を悔い改めます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28