« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月26日 (土)

お部屋でご本を読んでいたの〜「突破者烈伝」宮崎学

Img_iphone0095

 社会科歴史の学校教科書、その記述についてたびたび悶着が起こりました。
いちばん問題になるのはやはり盧溝橋事件(”ことえり”ですが1回で変換できました)とかからポツダム宣言の受諾とかのあたりだと思うのですが、実際に授業が進むのは大正の米騒動までです。これはしきたりであり風俗習慣であり、あまねくすべての日本人の共通認識でもあることを近隣諸国のヒトにも知ってもらいたいと想います。

 この本の第一章に京都を舞台にした米騒動の場面があったので戯れ言をほざいておりますが、Wikipediaの「1918年米騒動」のページで富山の漁村で騒動が発生する経過の記述は、迫真性と臨場感に満ちあふれておりました。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28