« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

お部屋でご本を読んでいたの〜「ホルモー六景」万城目 学

Img_iphone0094

 昔からどうも頭が良くなくて、映画にしろ小説にしてもたとえば”伏線”とかがわからなくて、映画なんかは続けて2回観ないとお話が良くわかんなかったりしたのですが、最近ではそのように2回続けて観ても怒られたりしない映画館もほとんど無くなってしまいました。

 「ホルモー六景」も一度文庫本で読んでいたのですがあまりに面白かったのと、いろんなところに伏線がはりめぐらせてあったのに、どうもほとんど気がつかないままに読み進めてしまったような気配があったのでちゃんとした方のを買ってもう一度読みました。

 最大のテーマは「ちょんまげの謎」ですね。得心いたしました。

 版型が違うとはいえ同じ本を2冊買うのはもったいないような気もしましたが、やっぱり文庫とちゃんとした本では表紙の印刷・紙の質ひとつにしても全然違いますね。
写真でも文庫版の方の印刷がかなり青〜緑っぽい方にコロんでいるのがわかると思います。

 「ホルモー六景」の「ル」「ー」「景」の色が違うのは、ちゃんとした本の蛍光ピンクみたいな色が一般的な四色印刷では出せない”特色”なので、文庫の方はコストダウンされているのでしょう。

 ちゃんと観てないのでよくわからないのですが「ローマの休日」にこんなシーンがあるのでしょうか?このイラスト。石畳と土っぽい路面の間違い探しみたいになっています。実際にはこの場所もごく普通のアスファルトなんですけどね。
 八坂神社の石柱のへんに”ちょんまげのヒト”がちゃんと描いてあるヨロコビにも満ちあふれていますが、あ〜、そうだ、八坂神社で「蘇民将来之子孫也」の護符を頂きたいと想い焦がれつつ、未だはたせていません。京都市民ではないけど府民なのに。
 イラストのスクーターに貼ってある”オニ”のステッカーもかなり酷(くぅ、と発音して中国語でクールの意味です。)ですね。

2011年1月24日 (月)

車載蓄電池立ち枯れにて候

Img_iphone0093

 豊田自動織機製作所謹製「希望號」(トヨタ ウィッシュ)がある日、キーを回しても何ら反応がなくて周章狼狽、茫然自失ののちに喪家之犬、尾羽打ち枯らしたかの如きていたらくと合い成り果てたてまつりました。
 当家の御犬さまが乗降される「犬の扉」(リアゲート)が半ドアのまま長期間放置していたのが原因のようでございました。
 單車用に買っておいた蓄電池充電器がこたびの働き、まことにもって殊勝なりでございました。

2011年1月20日 (木)

お部屋でご本を読んでいたの〜「決戦の蒼空へ 日本戦闘機列伝」渡辺洋二

Img_ipone0092

2011年1月16日 (日)

「らき☆すた」について私が知っている二、三の事柄〜續集

Img_iphone0091

「らき☆すた」について私が知りえた二、三の事柄

・ 「こなた」という髪の毛が青いヒトの声を平野綾さんというヒトがやっているらしい。別の作品の「ハルヒ」というヒトの声も同じヒトがやっているらしい。

・ 主題歌は「もってけ!セーラーふく」というらしい。

・ たぶん「かがみ」と「つかさ」という紫色の髪のヒトは姉妹で、このヒトたちのおうちが神社らしい。ちなみに埼玉県のお話らしい。

 個人的には元ネタ昭和なギャグを口走ったりする「こなた」というヒトが可愛らしいです。

2011年1月14日 (金)

「らき☆すた」について私が知っている二、三の事柄

Img_iphone0090

 仁和(にんわ)寺に、ある法師(ほふし)、年寄るまで、石清水を拝(をが)まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩(かち)よりまうでけり。(徒然草)

 私はこの歳になるまで「らき☆すた」を観たことが無かったので、そのことを残念に思い、ある時、ただひとり、ヤフオクで安くで手に入ったのを観ましたとさ。

 〜 「らき☆すた」について私が知っていた二、三の事柄 〜

• 「らき☆すた」に出てくる埼玉の方の実在の神社が「聖地」とかになってて大変なことらしい。

• 仕事でちょっと関係した某大学の卒業式後の謝恩会で、卒業生の男の子たちがセーラー服姿で踊っていたのはたぶん「らき☆すた」の主題歌だ。

• 去年の夏頃に丹後国天の橋立でコスプレイベントたらいう仮装集会があったらしいのですが、その日の朝に通りかかったJR福知山駅前で見かけた、青いセーラー服姿のお嬢さんは「ハルヒ」というヒトの仮装をしていたらしいのですが、「ハルヒ」は「らき☆すた」の登場人物ではないらしい。

2011年1月12日 (水)

ふたたびおざなりな更新

Img_iphone0089

 揚げ鶏屋さんのケンタッキーを中国語で「肯徳基(けんだ〜じ〜、みたいなかんじです)」というらしいのですが、これはたぶん地名の「ケンタッキー」の中国語をそのまま使っているのでしょう。
 いまいちわからないのはマクドナルドの「麦当劳(まいだんらお、みたいなかんじです)」です。そもそもマクドナルド(McDonald)のMcっていうのはヒップホップとかのヒトがMCなんとかって名乗るのと同じものなのですか?

 醤だれチキンサンド、美味しゅうございました。

2011年1月11日 (火)

おざなりな更新

Img_iphone0088

 おざなりな更新です。いったい何の意味があってこんなの撮ってるんでしょう。

2011年1月 8日 (土)

無題モラトリアル

Img_iphone0087

2011年1月 7日 (金)

鈴木式織機製作所謹製外道單車DR-Z400S型の発動機潤滑油の交換についてなど

Img_iphone0085

 発動機の潤滑油、エンジンオイルの交換です。
 DR-Z400Sは発動機潤滑油の循環方式にドライサンプを採用しているので、発動機下部の底ねじと、車体骨格内に設けられた潤滑油槽の2箇所から潤滑油を抜きます。今回は濾過紙〜フィルターも交換したのでオイルフィルターの下部にある底ねじも外して、あわせて3箇所から潤滑油を抜きました。
 通常2,500km走行ごとを交換時期に決めているのですが、今回はすこしだけ早めの走行2,300kmでの交換です。2,500kmでの交換時よりココロもち抜けた潤滑油の色が明るいような気がします。
 銘柄はCastrol Power 1 R4 Racing の 10W-50 の粘度のものを使っています。
 しかしこのところ天気が悪いですね。寒いのはわりと平気ですけど、天候不順ときては兵たちの士気に影響します。

Img_iphone0086

2011年1月 6日 (木)

またまた恨ミシュランSiracの寿命および空気圧についてなど。

Img_iphone0084

 私の鈴木式織機製作所謹製DR-Z400S型機が、中世欧州拷問器具または嗜虐被虐性的嗜好遊戯愛好者使用遊具のようなものに、あられもない姿で吊るされ羞恥にうちふるえております。
 前回’10,7/24にリアタイヤのみ交換しましたものが摩耗し尽くしましたので、今回は前後輪揃って交換です。
 銘柄はこのところずっとの恨ミシュランsiracです。
リアは約3,800km、フロントは約6,800km持ちましたが、フロントの方はもう本当につるぺたのぺちゃぱい貧乳状態になっていました。
 DR-Z400Sよりも軽量な250ccや、自制心や良識を備えた人ならば、もっと寿命は伸びると思います。
 私は車は本当にゆっくりしか走らないのですが、鈴木式織機製作所謹製DR-Z400S型機制式採用のショートストロークの発動機はつねに「いやだいやだ!俺はもっと廻るんだもっと廻るんだ !! まっ!わっ!らっ!せっ!ろぉおおおおお !! 」とか言ってるみたいで・・・。
 恨ミシュランsiracはすこしロードタイヤ寄りなので空気圧をF2.0、R2.3にしてもらって帰ったのですが、これはさすがにやりすぎでした。なんかでたらめなプロファイルのタイヤみたいな感じになってましたが、舗装路のみのツーリングなんかだったらこれでもいいかもしれません。とりあえず1.75/2.0くらいまで落としてみます。もちろんこれでもかなり高めです。

 ちなみにタイヤを換えたのは去年の11/26です。放置陳謝いたします。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28